『スーパーボンバーマン R オンライン』マルチプラットフォームで2021年に配信。最大64人で爆弾バトルロイヤル

3月17日、コナミデジタルエンタテインメントは、「ボンバーマン」 シリーズ最新作『スーパーボンバーマン R オンライン』を2021年に配信予定であることを発表した。

対応プラットフォームはNintendo Switch、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/S、Steamで、クロスプラットフォームに対応する。料金体系は基本プレイ無料(一部有料コンテンツあり)。

『スーパーボンバーマン R オンライン』2021年に配信予定

『スーパーボンバーマン R オンライン』は、ボムを使用してライバルと戦うシンプルなルールをそのままに、世界中のプレーヤー最大64人による同時対戦が楽しめる 「バトル64」 モードを新たに搭載。

そのほか、お馴染みのシンプルな対戦が楽しめる 「スタンダード」 モード、最大3vs3のチーム対戦が可能な 「グランプリ」 モードも用意。

「スタンダード」 モードは最大16人までの同時対戦が可能。「グランプリ」 モードは、1vs1、2vs2、3vs3のチーム対戦ができ、eスポーツのような本格バトルも可能だ。

さらに、キャラクターコスチュームの着せ替えや、ボムのカスタマイズで様々な爆風演出を可能にするなど、見た目でも個性を発揮できる新たな要素も楽しめるとのことだ。

お馴染みのボンバーマン8兄弟に加え、KONAMIの人気キャラクターもプレーヤーキャラクターとして登場。リヒターボンバー (『悪魔城ドラキュラ』シリーズ) とロビー君ボンバー (『サイレントヒル』シリーズ) は本作から初参戦となる。

『スーパーボンバーマン R オンライン』は2021年に配信予定。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。