Microsoft、「Surface Laptop Go 2」 発表。第11世代Core搭載で性能向上、価格は96,580円(税込)から

6月1日、日本マイクロソフトは新型モバイルノート 「Surface Laptop Go 2」 を6月7日に発売すると発表した。価格は96,580円 (税込) から。マイクロソフト公式オンラインストアにて本日より予約受付を開始している。

「Surface Laptop Go 2」 は2020年10月1日に発売した先代モデル 「Surface Laptop Go」 のマイナーアップデートモデル。Surface Laptopシリーズのなかで廉価モデルとして位置付けられる製品だが、内蔵CPU・GPUの性能が向上するなど、機能強化が図られているのが大きな特徴だ。

画面は、12.4インチ(1,536×1,024ドット/アスペクト比3:2)のタッチ対応PixelSenseディスプレイ。

搭載されるCPUはIntelの第11世代Core 「Core i5-1135G7(4コア/8スレッド)」 。GPUはIntel Iris Xe Graphics。メモリ容量は4GB/8GB/16GBで、16GBは法人向けモデルのみに用意される。

ストレージ容量は128GB/256GBのSSD。先代モデルにあった64GB eMMCのオプションは廃止される。

キーボードやタッチパッドについては先代モデルのものを踏襲する。生体認証は電源ボタン内蔵型の指紋センサー、指を載せるだけで画面のロック解除等が可能だが、最小構成モデルでは同機能は搭載されない仕様となる。

搭載コネクタは、USB Type-Cx1、USB Type-Ax1、3.5mmイヤホンジャック、Surface Connect x1。通信はWi-Fi 6に対応するほか、新たにBluetooth 5.1をサポートする。

同梱する電源アダプタは39W出力に対応したもので、1時間で80%充電できる急速充電に対応。バッテリー駆動時間は最大13.5時間。

搭載OSは個人向けモデルがWindows 11 Homeで、法人向けモデルがWindows 10/11 Pro。参考として、従来モデルはWindows 10 Home (Sモード) だった。カラーラインナップは、プラチナ/セージ/アイスブルー/サンドストーンの全4色。

価格は96,580円から。マイクロソフト公式オンラインストアにて本日より予約受付を開始している。発売は2022年6月7日を予定。

(画像:Microsoft)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。