Microsoft、「Surface Neo」 発表 初の折りたたみ式ノートPC、2020年ホリデーシーズン発売予定

現地時間10月2日、米Microsoftは新型ノートPC 「Surface Neo」 を発表した。価格は未定。発売は2020年のホリデーシーズンを予定している。

Microsoft初の折りたたみ式ノートPC 「Surface Neo」

今回発表された 「Surface Neo」 は、折りたたみ機構を搭載したノートPCだ。2枚のディスプレイを内側に折りたたむことが可能で、それぞれの画面で別々の作業をこなすことができる。

内蔵プロセッサにはIntelのLakefieldが採用される予定で、OSにはWindows 10Xを使用する。

ディスプレイを開いた状態の厚みは5.6mmで、折り畳んだ状態については明らかにされていないものの10mmを超えるのは間違いないだろう。重量は600グラム。

「Surface Neo」 の発売は2020年ホリデーシーズン。発売までまだ1年近くあるが、時代の流れは完璧に折りたたみ式。「Surface Neo」 はその先駆けとなれるだろうか。注目が集まる。

関連記事
Microsoft、新型ノートPC 「Surface Laptop 3」 発表 モジュラー構造を採用。AMD Ryzen Microsoft Surface Editionを採用したモデルも
Microsoft、新型2in1 PC 「Surface Pro X」 発表

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。