Microsoft、2画面デバイス 「Surface Duo」 9月10日に米国発売 価格は1,399ドルから

8月12日、Microsoftは2画面Androidデバイス 「Surface Duo」 を現地時間9月10日に発売することを発表した。価格は1,399ドルから、米国では本日より予約受付が開始される予定。

「Surface Duo」 9月10日に発売、価格は1,399ドルから

「Surface Duo」 は、2019年10月に 「Surface Neo」 と同時に発表された2画面Androidデバイス。当初は2020年ホリデーシーズンに発売とアナウンスされていたが、開発が順調に推移したためか当初予定から発売が前倒しされたかたち。

Galaxy Z Fold2やGalaxy Z Flipとおなじ折りたたみスマートフォンというジャンルの製品となるだろうが、先日発表された1枚のディスプレイを折り畳むGalaxy Z Fold2とは異なり、2枚の画面で構成されているのが特徴。高価なフレキシブル有機ELディスプレイなど使用しなくてよかっただけに、Galaxyの折りたたみスマートフォンよりも600ドル近く安く仕上げられたというポイントもある。

「Surface Duo」 に搭載されている2枚の画面は、それぞれ5.6インチの有機ELディスプレイになっていて、この2枚のディスプレイを開くと対角8.1インチPixelSense Fusion displayになる。ヒンジはおおよそ360度回転する仕組みになっていて、一般的なスマートフォンのように一画面で操作することもできる

OSには、Windows 10Xが動作できるAndroid OSが搭載されており、それぞれの画面でWindowsとAndroidを同時利用することが可能だ。

スペックやデバイスの仕様詳細についてはまだ明らかになっていないことも多いが、これまでのリーク情報から、本体の厚みは開いた状態で4.8mm、折り畳んだ状態では9.6mmであること、1,100万画素のシングルレンズが画面側に用意されていて、セルフィー撮影もできるということ。そして搭載されているプロセッサはSnapdragon 855。RAM容量は6GB、ストレージは128GBと256GBの2ラインナップであることなどが明らかになっている。

ちなみに、Surface DuoにはWindows仮想デスクトップ機能が搭載されていて、Windows 10の完全エクスペリエンスをクラウドにて利用できるという。

また、同端末にはファームウェアコンポーネントの完全な制御を可能にするカスタム設計の統合拡張ファームウェアインターフェイス(UEFI)が搭載されている。ハードウェア、ファームウェアおよびソフトウェアを深く統合した保護機能がすべてのレイヤーに組み込まれていて、デバイスやIDなど各種重要な個人情報を安全に保てる、などエンタープライズグレードのセキュリティが提供できる。潜在的なファームウェアの脅威に直接かつ機敏に対応し、サプライチェーンのセキュリティリスクを軽減すると、MicrosoftはSurface Duoのセキュリティについてアピールしている。

「Surface Duo」 はMicrosoftストアや、AT&T、Verizonなどの主要キャリアおよびBest Buyなどから予約できるようになる予定。発売は9月10日を予定している。

関連記事

Microsoft、折りたたみ式スマートフォン 「Surface Duo」 発表 2枚のディスプレイでWindowsとAndroidが利用可能。2020年ホリデーシーズン発売予定
「Surface Duo」 、発売が今夏に早められる可能性?すでに開発は最終段階に入ったとの報道

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。