「Surface Go」国内価格は6万4800円から 8月28日発売、予約は12日から受付開始

突如、Microsoftから発表された新型Surfaceの「Surface Go」。本日、日本Microsoftから同端末の国内での価格と発売日、予約受付の開始日に関する情報が公開されている。

発表によると、Surface Goの国内発売日は8月28日(Wi-Fiモデル)。価格は一般向けモデルが64,800円から、法人向けが52,800円から、教育機関向けが47,800円から。

Surface GoにはWi-FiモデルとLTEモデルの2種類が用意される予定となっており、Wi-Fiモデルについては、明日7月12日に予約受付が開始される予定。また、LTEモデルについては年内に発売予定で予約開始日はまだ未定であるとのことだ。

「Surface Go」は小型化と軽量化、そして低価格化を実現したエントリーモデルの新型Surface。プロセッサにはIntel Pentium Gold 4415Yプロセッサが採用されており、RAM容量は4GB/8GBで、ストレージ容量は64GB eMMC/128GB SSD/256GB SSD。

画面サイズは10インチ、解像度は1800×1200(3:2)。搭載ポートは独自規格のSurface Connectに加えてUSB-Cを搭載。USB-A(USB 3.0)ポートは廃止される。そのほか、ヘッドホンジャックにmicroSDスロットを搭載し、内蔵バッテリーは最大9時間駆動する仕様になっている。本体サイズは245×175×8.3mm、重量は520gほどだ。

また、同時に「Surface Go Signature タイプカバー」や「Surface モバイル マウス」などの関連アクセサリに関しても8月28日から順次販売が開始される予定となっている。詳細はこちらから確認を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。