『あつまれ どうぶつの森』第1回目の花火大会が8月2日(日)夜19時からスタート

Nintendo Switchソフト『あつまれ どうぶつの森』の夏の無料アップデートで実装が行われた 「花火大会」 の第1回目がいよいよ本日8月2日に開催される。

『あつまれ どうぶつの森』の花火大会は、7月30日付で配信された無料アップデートを適用することで楽しむことができる新イベント。8月の日曜日限定で開催され、夜19時から空に大きな花火が打ち上がる。

花火大会が始まる前に広場にいる 「しずえ」 にマイデザインを渡しておけば、オリジナルの花火を打ち上げることも可能。手持ち花火を楽しむこともできるという。また、広場ではつねきちが屋台を開いており、いろいろな景品が当たる 「いなりくじ」 が楽しめる。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念してリアルの花火大会が多数中止になっていることもあるため、ぜひ『あつまれ どうぶつの森』でバーチャル花火大会を楽しんでみてはどうだろうか。

ちなみに、今回の花火大会イベントを読者の皆さんと楽しむため、筆者の 「おそばよりおうどん島」 を本日夜18時30分頃から開放する予定だ。急な企画なのでほとんど人は集まらないかもしれないが、お時間のある方はぜひ来島いただきたい。

©2020 Nintendo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。