『あつまれ どうぶつの森』夏の無料アップデート第2弾が7月30日配信 毎週日曜に花火大会開催

7月28日、任天堂は『あつまれ どうぶつの森』の最新アップデート情報を公開した。

「夏の無料アップデート第2弾」 として提供される今回のアップデートでは新たに花火大会や 「いなりくじ」 が実装されるとのこと。配信は本格的な夏がはじまる8月に向けて、7月30日を予定している。

『あつまれ どうぶつの森』夏のアップデート第2弾が7月30日に配信開始

追加される新要素は大きく分けて以下の5つ。

  • 花火大会
  • いなりくじ
  • ゆめみとの出会い
  • 季節アイテムやアップデートのお礼アイテムも入手可能
  • セーブデータ復元サービス

花火大会

花火大会は8月の毎週日曜日の夜に開催される予定で、北半球、南半球のどちらでも8月に楽しむことができ、住民たちも広場に集まって花火を楽しんでいる様子を見ることができる。広場にいるしずえにマイデザインを渡しておくことで、オリジナルの花火を打ち上げてもらうこともできるのだという。

さらにつねきちが屋台を出しており、いろいろな景品があたる 「いなりくじ」 を引くことが可能だ。

ゆめみとの出会い

今回のアップデートではマイホームのベッドに横になっていると不思議な空間に誘われる 「ゆめみとの出会い」 イベントが発生するようになる

「ゆめみ」 は、さまざまな人の島の夢を集めており、だれかの島を夢として見ることができたり、自分の島の夢を預ければ 「夢番地」 が発行され、自分の島を世界中の人に見てもらえたりするとのこと。だれかの島の夢の中に入ると、島をまるで現実のように散歩できる。

さらに島の住人のあいさつを聞けたり、広場に設置された 「マイデザイン・ショーケース」 から、その島の作者が投稿したマイデザインを受け取ることもできるという(この機能を利用するにはNintendo Switch Onlineへの加入が必要)。

季節アイテムやアップデートのお礼アイテムも入手可能

今回のアップデートを適用することで、「たぬきショッピング」 で、「牛郎織女の日(※中国の七夕)」にちなんだ 「おりひめのふく/ひこぼしのふく」 など、シーズンにあわせて各国のイベントにちなんだアイテムが手に入るようになるという。

また、今回のアップデートを適用したお礼として 「はなびたいかいのかべ」 が配布される。自分の家で花火大会気分を味わうことができるのだとか。

「セーブデータ復元サービス」 が7月30日からスタート

「セーブデータ復元サービス」 が7月30日から提供開始となることがわかった。この機能はNintendo Switch本体の故障や紛失時に、バックアップからセーブデータを復元することができるというもの。インターネットを通じて『あつまれ どうぶつの森』のセーブデータをバックアップすることで実現する機能となっている。

この機能を利用するには、Nintendo Switch Onlineへの加入および最新バージョン(Ver.1.4.0以降)にアップデートした『あつまれ どうぶつの森』で設定を行う必要があるとのこと。ちなみにユーザーの任意のタイミングで復元することはできないため、その点については注意が必要だ。


この無料アップデートは、7月30日(木)午前10時から配信開始予定。更新データ(Ver.1.4.0)をダウンロードすることで、花火大会や新しい出会い、セーブデータ復元サービスなどの新機能が追加される。

ちなみに次回のアップデートは今秋に配信されるとのこと。ジャック・オランタンが描かれているため、おそらくハロウィンのイベントが開催されるものと予想される。こちらも期待だ。

©2020 Nintendo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。