TaoTronics、新型ワイヤレスイヤホン 「SoundElite 71」 発売 ベストセラー製品を4年越しにリニューアル

10月16日、SUNVALLEY JAPANは同社が国内展開するオーディオ・家電ブランド “TaoTronics” から、新製品 「SoundElite 71」 を発売した。Amazonでの販売価格は3,599円(税込)、こちらのリンクから購入が可能だ。

従来製品の良さはそのままに最新技術を投入した 「SoundElite 71」

SoundElite 71」 は、2015年に発売したワイヤレスイヤホン 「TT-BH07」 をリニューアルした製品。「TT-BH07」 は発売以来、世界で200万台以上の販売を記録したベストセラーイヤホンで、激しい運動でも取れにくい安定した装着感が評判だったが、発売から4年も経ったこともあり、製品仕様はだいぶ古くなってしまっていた。

そのためTaoTronicsは、「TT-BH07」 を 「SoundElite 71」 としてリニューアル。デザインや安定した装着感などの良さをそのまま引き継ぎながら、最新技術を導入することで大幅に性能が向上。古い製品の多くは廃止されてしまう中、珍しく ”現代化” を果たした製品だ。

本製品にはQualcommの最新クラスチップであるQCC3034を搭載。これによって従来のTT-BH07に比べて省電力化と音質のアップグレードを実現している。

省電力化については、バッテリー持ちが最大18時間に伸びた。従来は6時間だったため、単純計算では駆動時間が3倍になったことになる。この18時間という長い駆動時間はスポーツタイプのイヤホンとしては世界最長クラス。通勤・通学時の使用にはもちろん、飛行機や新幹線などの長時間の移動にも十分に耐えられるはずだ。

音質については、従来と同じPET φ6mmダイナミックドライバーを採用。”TT-BH07″で好評を博していた豊かでボリューム感のある低音を継承しながらも、見通しがよくキレのある伸びやかな中高音域の再現も実現したという。

また、コーデックはSBC・apt-Xのほかapt-X HDとAACにも対応。iPhoneやAndroidなど機種を問わず最高の音質で音楽を楽しむことが可能だ。

本製品はIPX6の高い防水性能に対応しており、スポーツユースや雨の中でも安心して使用することが可能。さらに、通話時にクリアで快適な通話を実現するcVc 8.0 ノイズキャンセリングにも対応している。

TaoTronicsの製品はコストパフォーマンスに優れているのが特徴だが、「SoundElite 71」 もそれは健在だ。”現代仕様”の高いスペックを持ち合わせていながら、価格は3,000円台を実現。気軽に購入することが可能だ。

「SoundElite 71」 のカラーラインナップは発売当初ブラックのみだが、のちにブラック以外のカラーバリエーションも投入予定だという。先行発売のブラックは本日から販売が開始されており、Amazonでの販売価格は3,599円(税込)だ。

ちなみに、発売を記念したセールが本日から20日(日)まで開催される。本製品を注文時にクーポンコード「TTBH071PR」を入力することで、通常価格から25%オフ(900円割引)の2,699円(税込)で購入することができる。本セールは販売台数上限に達し次第終了となるとのことなので、購入したい場合はぜひお早めに。

25%オフクーポンコード:TTBH071PR
セール価格:3,599円 → 2,699円
有効期限:2019年10月20日(日)23時59分まで
【進化版 apt-X HD cVc8.0 18時間連続再生】TaoTronics Bluetooth イヤホン(IPX6防水仕樣 Bluetooth5.0)ノイズキャンセリング 自動ペアリング 高音質 マグネット搭載 スポーツ仕様 TAOTRONICS SoundElite 71(ブラック)
TaoTronics
売り上げランキング: 17,237
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。