「TaoTronics TT-ND001」 レビュー | 最大5GHzの高速通信を自宅の隅々まで実現するメッシュWi-Fiルーター

10月30日、国内でTaoTronicsブランドを展開するサンバレージャパンは、メッシュWi-Fiルーター 「TT-ND001」 を発売した。

「TT-ND001」 は5GHzの高速ネットワーク通信を用いたトライバンドの 「AC3000」 クラス メッシュWi-Fiルーターで、最大200台の機器をサポートしているほか、メッシュWi-Fiシステムにより家のどこにいても快適な通信を可能にしてくれる。

発売に先立ち、同ルーターのサンプルをご提供いただき、使用や実際の使い心地をチェックすることができたので、詳細についてレビューをお届けする。

現在使っている無線Wi-Fiルーターがイマイチ使いづらい、つながりにくいなどの不満を抱えている方は、同メッシュWi-Fiルーターを使ってみてはどうだろうか。

25%オフクーポン

クーポンコード:ND001P2CR
価格:28,599円 → 21,449円
クーポン期限:(11月1日23:59まで有効)

メッシュWi-Fiルーター 「TT-ND001」 をチェック

こちらが 「TT-ND001」 の本体。白を基調としたカラーリングになっていて、全体的に丸みを帯びた形をしているのが特徴。本体を支える金属製の “脚” がちょっぴり可愛らしいデザインとなっている。

本体のサイズは22.5×16.8×7.5cmで、横幅が長く奥行きがほとんどない横広・縦長タイプ。比較的どんな場所にも置きやすいスタンダードな形状といえるだろう。重量も680gとそこまで重くはない。

LANポートなどの各種接続ポートは本体背面に全て配置されている。左からUSB 3.0ポート、 有線LANポート、WANポート、電源ポート、リセットボタン、電源ボタン。

このうちUSB 3.0ポートにはUSBフラッシュやHDDを接続することができ、NAS機能を利用できるようになっている。

本機はトライバンドの 「AC3000」 クラスのWi-Fiルーターで、ルーター間は最大5.8GHz(11ac 1733Mbps)、デバイスとの接続では最大5GHz(11ac 866Mbps)の高速通信に対応している。

この高速通信により、通信速度が求められるオンラインゲームなども快適にプレイすることが可能。また、ネットワークを利用できる機器は最大200台とかなり多いため、スマートホームデバイスをいくら増やしても大丈夫。

またメッシュWi-Fiということで、1台で230m、2台で460m、3台で560m…というように台数が増えるにつれてネットワークを供給できる範囲を手軽に増やすことができるのが魅力だ。

今回の 「TT-ND001」 は基本のセットが2台となっているため、460mの範囲をカバーすることができる。もしこれ以上の範囲が必要であれば、別途追加用として1〜2台ずつ購入することが可能だ。

従来のWi-Fiルーターは自分の部屋がルーターから遠い場所にあると通信が遅くなったり、接続切れなどの問題が発生することがあるが、メッシュWi-Fiならこれらの問題を解決することが可能だ。

さらに、一般的なルーターは2.4GHz帯と5GHz帯の2つのネットワークを発するものがあるが、本機はこの2つの周波数帯をひとつに融合し、速度と安定の両方を保つという特徴も持っている。本機を使えば、2.4GHz帯と5GHz帯のどちらに接続すればいいのかを悩む必要はなくなるはずだ。

さて、技術的な話はこのくらいにして、ここからは実際にネットワークを構築してみた様子をご紹介しよう。

本機はセットアップにスマートフォンアプリを使用する。Wi-Fiルーターのセットアップは面倒な手順を求められることが多いが、本機はアプリに表示される手順に従ってセットアップしていけば5分もしないうちにネットワークを構築することができ、とても簡単だった。

セットアップ・管理用アプリ 「TTルーター」
iOS (App Store)
Android (Google Play)

正常にネットワーク接続できたかどうかは、本体上部のLEDインジケーターを見れば一目瞭然。青色に点灯していれば正常に接続されている証拠だ。

実際に構築したネットワークに、複数の機器を接続してみた。筆者はスマートフォンをはじめ、スマートホームデバイスやゲーム機などネットワークに接続するデバイスをかなりたくさん使っているのだが、最大200台もの機器をネットワークに接続できるということもあり、全てのデバイスを接続することができた。

また、今回のレビューでは2台の 「TT-ND001」 を使ってテストを行ったのだが、家のどの場所でも通信がしっかりと安定していて、自宅の隅っこでもスマホゲームを快適に楽しむことができるなど、メッシュWi-Fiの恩恵を得られていると感じることができた。

ただ、残念ながら本機は最新のWi-Fi規格である 「Wi-Fi 6」 に対応していない。そのため、iPhone 12などの次世代モデルのポテンシャルを最大限に引き出すことができないというデメリットがあることはしっかりとお伝えしておきたい。

実際にはWi-Fi 6対応ルーターを投入したところで、環境によっては通信環境が改善されないこともあるものの、もし現在お使いのWi-FiルーターがすでにWi-Fi 6に対応しているようだったら、本機を投入することで通信速度が遅くなってしまう可能性がある。「TT-ND001」 は、しばらくWi-Fiルーターを買い替えていない、かつメッシュWi-Fiを使ってみたいという方にオススメと言えるだろう。

まとめ

以上が、今回発売した 「TT-ND001」 の特徴や使い心地だ。

本機はメッシュWi-Fiルーターということで、複数台のルーターを組み合わせることで安定した通信を広範囲で利用することができ、1台のルーターだけでは通信が安定しないような家で大きな効果を発揮してくれる。

2台以上のルーターを管理しなければいけないと聞くとなんとなく難しそうに感じるかもしれないが、本機はセットアップも管理もアプリで簡単にできる親切設計になっているため、ルーターにあまり詳しくない方でも安心して使うことができる。

最新規格のWi-Fi 6には対応していないため、とにかくネットワーク速度を重視するガチゲーマーやバリバリの自宅ワーカーの方にはマッチしないかもしれないが、ブラウジングをしたり、動画配信サイトで動画・映画などのコンテンツを見たり、スマホアプリでたまに遊んだり、程度の使い方をする分には十分な性能といえるのではないだろうか。

「TT-ND001」 は本日からAmazonで販売が開始されており、基本の2台セットの価格は28,599円(税込)。2台だと足りないという方は、範囲追加用として1台だけのモデルも販売されていて、13,999円(税込)で買い足すことが可能だ。

また、今回もサンバレージャパンから当サイト限定のクーポンを提供いただいている。以下のクーポンコードを入力することで、25%オフで購入することができるので、ぜひ利用していただきたい。

25%オフクーポン

クーポンコード:ND001P2CR
価格:28,599円 → 21,449円
クーポン期限:(11月1日23:59まで有効))

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。