米Targetに 「AirPods (X Generation)」 という未発表デバイス登場 「Beats Studio Pro(仮)」 が3月登場か

Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン

米量販店TargetのPOSシステムに、Appleがまだ発表していない謎の製品が登録されていることがわかった。その製品は 「AirPods (X Generation)」 と書かれており、何らかの新型オーディオ製品であることが予想される。AppleInsiderが複数のTarget従業員からの情報として伝えた。

Beatsの新型オーバーヘッドイヤーヘッドホンが登場か

今回見つかった 「AirPods (X Generation)」 という情報は、おそらくリークなどを防ぐためのプレースホルダー (仮置き) として作られたものであると予想される。

価格も399ドルと 「AirPods Pro」 よりも高価なため、AirPodsの次期モデルを指す言葉ではなく、Appleが独自で開発した新型ヘッドホン、もしくはApple傘下のオーディオブランド 「Beats」 の新型ヘッドフォンである可能性がある。

Beatsの新型ヘッドホンである可能性は、あくまで筆者の憶測。ただし、Beatsは昨年ハイエンド型オンイヤーヘッドホン 「Beats Solo Pro」 を発売。同製品の価格は299ドルだったことから、もし今回の 「AirPods (X Generation)」 がBeats製品だった場合、同社のオーバーイヤーヘッドホン 「Beats Studio Wireless」 シリーズの最新モデルである可能性がありそう。「Beats Solo Pro」 に合わせて、名称は 「Beats Studio Pro」 になるかもしれない。

ちなみにTargetの従業員からの情報によると、こうして未発表製品がPOSシステムに登録されると、おおよそ1週間〜1ヶ月程度で発売することが多いのだとか。つまり 「AirPods (X Generation)」 は今後1ヶ月以内に発売する可能性があるということになる。

1ヶ月といえば、Appleは来月に新製品発表イベントを開催すると伝えられている。そのイベントの中で、同オーディオ製品が発表される可能性がありそうだ。

以前、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleがハイエンドのオーバーイヤーヘッドホンを開発しているという情報を提供していた。その後、Beatsから 「Beats Solo Pro」 というオンイヤーヘッドホンが登場したため、Kuo氏が伝えていたのは 「Beats Solo Pro」 だったという説が濃厚とされていたが、いよいよ待望の新型オーバーイヤーヘッドホンが登場することになるのだろうか。

関連記事
Beats Solo Pro レビュー | 生まれ変わったBeatsのオンイヤーヘッドホン。ノイキャンが想像以上に快適でプロの名に遜色なし
Appleが2020年前半に発売する7つの新製品。AirTag、小型ワイヤレス充電マット、新型iPad/Mac、ハイエンドヘッドホンなど

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。