チームラボ常設展 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」 7月29日にオープン。夜の植物園をアート空間に変える

チームラボ《呼応する小宇宙 – 液化された光の色, Sunrise and Sunset》©チームラボ

アート集団チームラボは、常設展 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」 のオープンを7月29日に決定したと発表した。チケットの発売は7月5日(火)を予定している。

「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」 は、大阪府大阪市にある長居植物園に常設される常設展。チームラボは、自然を破壊することなく 「自然そのものが自然のままアートになる」 というアートプロジェクト 「Digitized Nature」 を展開しており、 今回の 「チームラボ ボタニカルガーデン 大阪」 もそのコンセプトのもと、昼間は植物園である場所が、夜になるとそのまま作品空間となる。

チームラボ《Untitled》©チームラボ

自然の中で吹く風や雨、訪れる鳥や人々のふるまいの影響を受けながらインタラクティブに変容。自然とともに人々を作品の一部、長い時間の一部にしながら、作品と人々と自然、自分と他者、過去、現在、未来が境界なく連続していくという。

チームラボ《具象と抽象》©チームラボ

チームラボ《浮遊する呼応するランプ – ワンストローク》©チームラボ

ちなみに、長居植物園は、植物が未来に向けて生き生きと成育できる環境をつくるため、樹木の間伐や根の成長を見越した配置換え (植替え) 、土壌改良を経て2022年4月1日に再オープンしている。

関連リンク
チームラボ ボタニカルガーデン 大阪 | teamLab / チームラボ
大阪市立長居植物園 | 長居公園内の日本有数の植物園

(画像提供:チームラボ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。