「TechCrunch Japan」 「エンガジェット日本版」 5月1日にサイト閉鎖へ。3月31日に更新終了

2月15日、Boundless株式会社は、同社運営のメディアサイト 「TechCrunch Japan」 および 「エンガジェット日本版」 を2022年5月1日に閉鎖すると発表した。

閉鎖に先立ち、2022年3月31日に日々の更新を終了するとのこと。

Boundless株式会社は2月15日付で両メディアのサイト閉鎖に関するプレスリリースを配信。閉鎖に向けたスケジュールを明らかにすると同時に、両メディアの読者や広告主、広告代理店に対して感謝の意を伝えている。

日頃より、当社運営のメディアサイト「TechCrunch Japan」および「エンガジェット日本版」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

当サイトは、開設以来、多数の方々にご利用いただいてまいりましたが、2022年3月31日をもちまして、日々の更新を終了し、2022年5月1日にサイトを閉鎖させていただくことになりました。

日頃よりご愛読いただいている皆さま、当メディアを活用し、広告出稿をいただいている広告主および広告代理店の皆さまにおかれましては、突然のお知らせとなりましたことを深くお詫び申し上げます。

2006年よりTechCrunch Japan、2005年よりエンガジェット日本版のサイトをスタートし、より良いニュースサイトの提供を目指し、運営を行ってまいりましたが、米国本社のグローバル戦略に伴い、この度の決定となりました。
なお、2022年5月1日をもちまして、両サイトを閉鎖し、以降は、米国版のTechCrunchとEngadgetにリダイレクトされることになります。
「TechCrunch Japan」および「エンガジェット日本版」の読者の皆さま、広告主および広告代理店の皆様のご支援に深く感謝いたします。

サイト閉鎖は、両メディアの米国本社のグローバル戦略に伴うものであるとのこと。2022年5月1日をもって閉鎖され、その後は米国版TechCrunchとEngadgetにリダイレクトされるようになるとのこと。日本語ベースの過去記事等は閲覧できなくなるようだ。

TechCrunch Japanは、2005年に米国でスタートしたブログ形式のニュースサイト。IT系スタートアップをはじめインターネット・テクノロジーに関する情報を扱うメディアとして成長。翌年6月に日本語翻訳版となるTechCrunch Japanが誕生し、その後は日本編集部による独自の記事の配信も行ってきた。

エンガジェット日本版は、2004年に米国でスタートしたブログ形式のニュースサイト。ガジェットや電化製品などの話題を多く扱う。2005年よりエンガジェット日本版が立ち上げられ、国内最大級のテクノロジーメディアとして認知されている。

(画像:Boundless株式会社)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。