TerraMaster、10GbE対応の4ベイNASキット 「F4-422」 販売開始

1月19日、NASやDASなどのストレージストレージソリューションを提供するTerraMasterは、10GbEに対応したプロフェッショナル向け4ベイNASキット 「F4-422」 を発売した。

通常価格は56,990円(税込)。Amazonで購入することが可能だ。Amazonでは5%オフクーポンも配布されているため、54,140円(税込)で購入することが可能だ。

TerraMasterの10GbE対応プロ向け4ベイNASキット 「F4-422」 が発売

F4-422はSOHOをターゲットに開発した高速な4ベイNASキット。1.5GHz駆動のCeleronクアッドコアプロセッサ、4GBのDDR3メモリを備え、1基の10Gigabit Ethernetポート、2基のGigabit Ethernetポート、そして2基のUSB 3.0を搭載し、SOHOに求められる高速データ転送や多彩な機能をサポート。

データの信頼性や安全性にも配慮し、AES NIハードウェア暗号化をサポート。高度なセキュリティ機能によりデータを保護する。また、500人の同時アクセスに対応するとともに、複数のユーザーグループやフォルダへのアクセス権限を包括的かつ容易に管理できる。

F4-422の主な特徴

1. 10Gigabit Ethernetポートで転送速度をアップグレード
F4-422はGigabit Ethernetの10倍の転送速度を実現する10Gigabit Ethernet(10GBASE-T)をサポートしております。既存のRJ45ケーブルと互換性があり、家庭やオフィスで既存の配線を活かし、容易に速度をアップグレードできます(10GbE転送には、CAT6A以上のケーブルが必要です。また、初回セットアップ時はGigabit Ethernetポートをお使いください)。

2. 柔軟で容易なバックアップ
管理者にとってデータのバックアップは常に頭を悩ませる問題かもしれません。TNASはAOMEI Backupper、Time Machine、Duple Backup、USB Copy、Cloud Syncといったさまざまなツールに対応し、PCからNAS、サーバーからNAS、仮想マシンからNAS、NASからNAS、NASからクラウド、USBデバイスからNAS……といったさまざまな方法で自由にバックアップを行なえます。

3. TNAS上でさまざまなOSを仮想マシンで実行し、TCOを削減
VirtualBoxおよびDockerに対応し、F4-422上でWindows、Linux、UNIX、Androidといった仮想マシンを実行できます。仮想マシンでは新しいソフトウェアをサンドボックス環境で実行でき、クライアントPCから隔離し、サーバーの柔軟性を高められます。わずか数ステップで、TNAS上でWindowsやLinuxといったOSを実行できます。

4. 容易にプライベートクラウドを構築、オンデマンド需要に応えます
TNAS.online、DDNS、VPN、NextCloud、OwnCloudなどを介し、容易にデータを同期させるプライベートクラウド環境を構築できます。データ管理の効率性を高め、コストを低減し、高いセキュリティ性を維持しながら、オンデマンドアクセスを実現できます。

5. 故障時も迅速に対応、安心な2年間交換保証
F4-422には2年間の交換保証が提供されます。2年間以内に万が一ハードウェアに故障が生じた場合、24時間以内に無償交換対応をさせていただきます。

「F4-422」 は本日からAmazonで販売されている。通常価格は56,990円(税込)だが、配布されている5%オフクーポンで54,140円(税込)で購入することが可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。