SIE、『The Last of Us Part II』『マーベルアイアンマン VR』の発売延期を発表

4月3日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PS4ソフト『The Last of Us Part II』およびPSVRソフト『マーベルアイアンマン VR』の発売延期を発表した。

発売延期の理由は現在の世界情勢、つまりCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)による混乱のため。ユーザーが期待するゲーム体験を発売日までに届けることはロジスティクス上の問題で難しいと判断したという。新たな発売日はいまのところ未定となっている。

The Last of Us Part II』は2020年5月29日に発売予定だったPS4タイトル。『The Last of Us』シリーズの最新作だったことから注目が集まっていた作品だが、今回で3度目の発売延期となってしまった。

マーベルアイアンマン VR』は2020年5月15日に発売予定だったPSVR向けタイトル。マーベル・コミックが刊行しているアメコミシリーズ『アイアンマン』の登場人物を用いたVRタイトルとなっていて、シリーズのファンの人から期待が高い作品だった。今年1月に発売延期を発表していたが、今回の混乱のおかげで再び発売が先に延びた形となる。

なお、SIEの発表によれば現時点で他タイトルの発売延期予定はないとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。