『FANTASIAN』後編が現地時間8月13日に配信へ。FF生みの親 坂口博信氏による完全新作RPG

ミストウォーカーの新作タイトル『FANTASIAN』の後編が、今月中旬にいよいよ配信開始となることが分かった。

米メディアThe Vergeによると、『FANTASIAN』の後編は現地時間8月13日にApple Arcadeで配信されるとのこと。Apple Arcadeに加入しているユーザーであれば、追加費用無料で購入・プレイ開始することが可能になる。

『FANTASIAN』後編が現地時間8月13日に配信開始へ

『FANTASIAN』は 「ファイナルファンタジー」 シリーズの生みの親として知られるゲームクリエイター坂口博信氏が携わったRPGタイトル。

ゲームのフィールドが手作りのジオラマで製作されていて、「あそこに何かありそうだな」 と思ったところに本当に宝箱があったり・・・というようなきめ細かい、丁寧な設計で心がけて開発された。

本作は前後編の2部構成となっていて、前編20〜30時間、後編20〜30時間の合計40〜60時間でプレイできるシナリオ量になっている。前半はストーリー展開に沿って、後半は自由度の高いクエスト方式によってよりオープンに展開する。前編は2021年4月1日に配信が開始されており、後編は2021年後半とされてきた。

なお、プロデューサーを務める坂口博信氏は自らのTwitterアカウントで、『FANTASIAN』の後編の開発が完了したことを報告している。

後編では、植松伸夫氏の新曲34曲とともに、ジオラマも新たに50追加されるとのことだ。

© MISTWALKER

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。