ケータイ大手三社、値下げ後の新料金プランを来年1月に公表予定

carrier

昨日、NTTドコモが乗り換えユーザーへのキャッシュバックを廃止する予定であることが判明した。

この件は多くのユーザーに関係する事柄であることから、ケータイキャリアの動向が非常に話題になっているが、NHKニュースによると大手三社は来月にも、安くなった新料金プランを公表する予定であることが報じられている。

全ユーザー公平な料金体制と、格安スマホの利用者を増やす方針

総務省は、従来のMNP利用した乗り換えユーザーのみを優遇する状態を実質禁止し、全ユーザーで公平である料金体系と格安スマホ等の利用者を増やすことによる料金引き下げを検討しているとされる。

これらの指示を受けて大手三キャリアは、以下のようなプランを検討しているとのこと。

NTTドコモ

・家族で契約している利用者の料金を割り引いて、家計全体の通信料金を引き下げる仕組みを検討

KDDI

・通信の利用量が少ない小学生と55歳以上の利用者向けのプランの対象拡大を検討

ソフトバンク

・キャッシュバックの見直しや長期間、契約している利用者への優遇策を検討

三者三様、プランの具体策があるようだが、これらのプランがユーザーにとって本当に有益なものになることを期待する。

発表は来月になるため、また少し期間が空いてしまうが、毎月の料金を少しでも抑えることができる可能性があるので情報をこまめにチェックしておくことをお勧めする!

carrier
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう