「Apple Thunderbolt Display」の在庫が海外で減少 「WWDC 2016」で新ディスプレイが登場か?

Appleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」の開催が日に日に近づいてきているわけだが、何か新しいハードが発売される可能性は非常に高い。特にMac周りの製品については最近久しくアップデートがなされていないこともあり、今月の「WWDC 2016」にはかなり期待している。

もしかすると、「Apple Thunderbolt Display」がアップデートされ、最新の5K解像度に対応する可能性が出てきた。MacRumorsによると、現在、北米の「Apple Store」で「Apple Thunderbolt Display」の在庫が減少しているようだ。

新型ディスプレイ発表の兆候か、それともただの在庫調整か

applethunderboltdisplay

在庫が少なくなっていると報じられたのは、「Apple Thunderbolt Display」の27インチフラットパネル。現在、日本のApple公式サイトではまだ在庫が残っているようだが、北米や欧州などの一部地域では在庫切れが発生しているようだ。

この在庫切れが何を意味するのかは分からないが、今月に開催される「WWDC 2016」で同製品の最新版が発売になる可能性がある。

thunderboltdisplay

「Apple Thunderbolt Display」は、2011年夏の発売当時はMacBookシリーズなどを繋ぐのに最適なディスプレイともてはやされていたものだが、発売からもうすぐ5年が経つ現在では、Retinaディスプレイが採用されていないので、画面の荒さがかなり目立ち、わざわざこのディスプレイを選ぶ理由がなくなってしまった。

しかし、ユーザーからの需要は非常に高い。なぜなら、Thunderboltケーブルのみで接続することができる世界で唯一のディスプレイなので、外ではMacBookの画面で、家ではMacBookを「Apple Thunderbolt Display」に繋いで大画面で、という使い方を望むユーザーも少なくないからだ。

「Apple Thunderbolt Display」の新型の登場については数年前から噂されてきたものの、一向にアップデートが行われず、やきもきしていたユーザーも多いことだろう。今回の「WWDC 2016」でやっと新型が登場するのだろうか。

thunderbolt-display

ちなみに在庫切れだけでは新製品の登場は確実とは言えないわけだが、もしAppleが「Apple Thunderbolt Display 2」をリリースするのであれば、新製品はおそらく5Kディスプレイになるだろう。Appleが現在販売しているモデルで一番高い解像度を採用しているのは「iMac 5Kモデル」でこれよりも低い解像度で出す必要性を感じないからだ。

ただそれには技術的な問題もある。5K映像は現行の「MacBook Pro」の4倍のピクセル数を出力することになるので、この映像を出力するには既存のThunderboltケーブルでは十分でない可能性がある。そうなると、下手したら2本のThunderboltケーブルが必要になるわけで、もちろんAppleがそれを採用するとは思えない。

また、本日公開された「MacBook Pro」のリーク画像によると、新型「MacBook Pro」に搭載される端子は「USB-C」タイプのUSBポートとヘッドフォン端子のみ。Thunderboltケーブルで接続することは不可能になるので、新しいケーブルも必要になる。

一応映像出力をワイヤレスで行うことも考えられるが、より高い価格設定になってしまう可能性があるのでこれも可能性は少ないだろう。

いずれにしても、もし新製品の投入のために出荷を制限しているのであれば、新製品は14日後の「WWDC 2016」で発表されるだろう。5Kディスプレイがいよいよ来るか!?

[ via MacRumors / TechCrunch ]

applethunderboltdisplay
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう