Appleのティム・クックCEOは2025〜2028年に引退?引退前に新たな 「主要製品カテゴリ」 を生み出す予定と著名記者

スティーブ・ジョブズ氏の死去後、約10年ちかくAppleを牽引してきたティム・クック氏は、今年4月に 「10年以内の引退」 を示唆している。

具体的な引退時期については明言されていないものの、ティム・クック氏は2025〜2028年のどこかで引退を決断する可能性があるという。米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏が現地時間29日に配信したニュースレターの中で予想している。

ティム・クックCEOは2025~2028年の間に引退?引退前にはARメガネが登場か

今回、クックCEOの引退時期を予想したMark Gurman氏は、Appleの内部事情に詳しく、これまでにAppleの未発表製品を的確に言い当てるなど実績のある人物。

彼は、ティム・クックCEOの引退時期を2025〜2028年の間と予想する。これはクックCEOとAppleが契約を結んでいる報酬体系が2025年まで締結されている点からの推測となっている。

いつクックCEOが辞任するつもりなのかは分からないため、あくまで “予測” と考えるべきだが、前述したようにクックCEOは今年4月の段階で 「おそらくあと10年以上も先には (Appleに) いない。」 と述べていたこと、現在の年齢が60歳であることを考慮すると、引退する時期は着実に迫ってきていると考えて良いだろう。

なおクックCEOは、引退前にとある新製品を生み出すことを考えていると、Mark Gurman氏は予測している。その正体はARメガネ。

Appleは近い将来、AR・VRヘッドセットやARグラスを発表するとみられているが、クック氏はこれらの製品を次世代への置き土産として残し、自らの勇退を決断するつもりなのかもしれない。

ちなみにAR・VRヘッドセットは早くて2021年に発表予定といくつかのメディア、アナリストらが伝えていたが、いまのところその兆候はなく、発表は早くても2022年以降になるものとみられている。

Mark Gurman氏のニュースレターはこちらのリンクから購読可能だ。

関連記事
Apple GlassにはマイクロOLEDが搭載?いまは試作生産の段階との情報
AppleのMRヘッドセットは2022年中頃、ARグラスは2025年までに発売。コンタクトレンズ型デバイスが2040年までに登場か

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。