Appleのスキル講座プログラム 「Today at Apple」 にARアート関連セッション [AR]Tが登場 8月10日から順次開催へ

7月29日、Appleは同社が提供するスキルアップ講座 「Today at Apple」 に対して、新たに3つのセッションを追加することを発表した。

追加されるのは以下の3種類。いずれも拡張現実を使ったアートに関連したセッションで、8月10日から全国のApple Storeで開催。本日から各セッションの予約が開始されている。

  • [AR]Tウォーク:New Musiumと共同で選出された拡張現実
  • [AR]Tラボ:ARエクスペリエンス
  • [AR]T in the Apple Store(店内催事):ニック·ケイヴ作品 “Amass”

Today at Appleに新セッション [AR]T が追加

この [AR]T という講座は、世界に名だたる現代アーティスト数名の作品と屋外で触れ合える体験型ウォーク、AR作成の基本をSwift Playgroundsを用いて学ぶストア内での講座、世界中のApple Storeで見ることができるARアートのインスタレーション作品から構成されている。

これらのセッションを提供するために、AppleはニューヨークのNew Museum (of Contemporary Art) を招聘。ニック・ケイヴ、ナタリー・ジュールバーグ&ハンス・バーグ、ツァオ・フェイ、ジョン・ギオーノ、カールステン・ヘラー、ピピロッティ・リストという7名のアーティストを選出し、体験型プロジェクトに参加してもらうことになったという。

[AR]Tウォーク:New Musiumと共同で選出された拡張現実

参加者を募り、世界の著名アーティストたちの作品に触れてもらう講座。参加者たちは体験型ウォークに出かけ、各アーティストの作品をARで体験する。

サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、パリ、香港、東京のApple Storeで開催。東京はApple 新宿で開催となる。

[AR]Tラボ:ARエクスペリエンス

90分間の無料セッション。Swift Playgroundsを使って、 ARエクスペリエンスの作り方を勉強できる。ニューヨーク在住のアーティストで、NEW INCメンバーで教育者のサラ・ロスバーグ氏の協力で制作された講座。全世界のApple Storeで実施。

[AR]T in the Apple Store (店内催事) :ニック·ケイヴ作品 “Amass”

Apple Storeに来店した方が、自由に見ることができるニック・ケイヴ氏のAR作品 “Amass”。Apple Storeアプリの [AR]Tビューアーから視聴可能。特別な講座は実施されない。


[AR]Tウォークと[AR]Tラボは、参加するには予約が必要となる。予約は以下のリンクから可能。先着順となっているため、参加したい方はお早めに登録を。

関連記事
Appleが2つの新Apple Storeを2019年内にオープンと予告。ひとつは東京駅で確定か Apple 表参道もリニューアルへ
Apple、「教⁠師⁠向⁠け⁠サ⁠マ⁠ー⁠セ⁠ッ⁠シ⁠ョ⁠ン」 全国のApple Storeで開催

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。