Apple、「教⁠師⁠向⁠け⁠サ⁠マ⁠ー⁠セ⁠ッ⁠シ⁠ョ⁠ン」 全国のApple Storeで開催

Appleは今夏から教職員向けのスキルアップ講座⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠⁠を開催する。2019年8月から約4週にわたって、「教⁠師⁠向⁠け⁠サ⁠マ⁠ー⁠セ⁠ッ⁠シ⁠ョ⁠ン – 新⁠し⁠い⁠学⁠び⁠の⁠可⁠能⁠」 というセッションを開講することをApple公式サイトで案内している。

8月から約4週にわたって 「教員向けサマーセッション」 が開催

「教⁠師⁠向⁠け⁠サ⁠マ⁠ー⁠セ⁠ッ⁠シ⁠ョ⁠ン – 新⁠し⁠い⁠学⁠び⁠の⁠可⁠能⁠」 は、スケッチ、写真、音楽、ビデオに関するスキルを、Appleが開発したプロジェクトガイドEveryone Can Createに沿って実際に体験しながら、あらゆる教科にクリエイティブな表現を取り入れる技術として身につけられるという。

以下はセッションの一例。

さらに 「Apple 京都」 では、8月9日以降の毎週金曜日にスペシャルセッション 「エクスクルーシブ:創造的な学びとiPad」 が開催。Appleによって認定された教員 「Apple Distinguished Educator」 が登壇し、iPadとApple Pencilを使ったインタラクティブで実践的なアプローチによって、学習の定着を図る教授法を学ぶことができるという。

教⁠師⁠向⁠け⁠サ⁠マ⁠ー⁠セ⁠ッ⁠シ⁠ョ⁠ンへの申し込みはこちらからどうぞ。

関連記事
【2019最新比較】新型「iPad Air」と「iPad mini」の違い・スペック徹底解説、買うならどっち?
【徹底比較】新型12.9/11インチ「iPad Pro(2018)」は買い?性能・スペックを2017年モデルと比較してみた

【2019年最新比較】MacBook Pro 2019とMacBook Air 2019、どのモデルを買うべきか考えてみた

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。