SIE、リアル脱出ゲーム運営のSCRAPと協業。謎解きイベント 「机の上の魔王城からの脱出」 を10月13日より開催

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月17日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、「リアル脱出ゲーム」 を運営する株式会社SCRAPとの協業を発表。

キューブ型ロボット 「toio」 を活用した謎解きイベント 「机の上の魔王城からの脱出」 を2022年10月13日(木)から東京ミステリーサーカスにて開催する。

本イベントの開催に先駆け、前売りチケットが2022年8月20日(土)午後12時よりSCRAPファンクラブ限定で先行販売され、2022年8月27日(土)午後12時より一般販売が開始される。チケット情報など詳しくは特設ページをチェックしていただきたい。

ストーリー

あなたはあるおもちゃ屋さんを訪れました。
ふと部屋の隅に目をやると、煩雑な机の上に小さなおもちゃとお城が描かれた絵画が置いてあります。
何かに惹かれるようにお城の絵画に触れた瞬間、不思議な光があなたを包み込んだのです。

「あれは…ニンゲン!?」
「ニンゲンだ、ニンゲンだ!!」

突然聞こえてきた謎の声。
その正体は、なんと机の上にあったおもちゃ達だったのです。
目の前には絵画の中にあったはずのお城がそびえ立っています。
なんとあなたは机の上のおもちゃたちの世界に迷い込んでしまったのです。

この世界では人間とおもちゃはお話ができるようです。
おもちゃたちはたくさんのことを教えてくれました。

お城には魔王がいて人間をおもちゃに変えるためにこの世界に閉じ込めていること。
60分以内に魔王を倒せなければ、あなたも完全におもちゃになってしまうこと。
そして、魔王を倒すためにはおもちゃと人間の 「協力」 が必要であること―

襲いかかってくる魔王や試練、明らかになっていく机の上の世界の真実…
あなたはいろいろな個性を持ったおもちゃたちと協力して、無事に元の世界に戻ってくることができるのでしょうか。

「toio」 は、SIEが販売するキューブ型の子ども向けロボットトイ。紙に埋め込まれた 「目に見えない位置情報」 を読み取ることができる小さなロボットで、自分でプログラミングして遊ぶことができるなど、子どもたちが創意工夫する力を身につけながら遊ぶことができるのが特徴だ。

※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
※”toio”、”トイオ”は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※「toio」は、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所での次世代インタラクション研究をもとに、ソニーのスタートアップの創出と事業運営を支援する「Seed Acceleration Program(シード・アクセラレーション・プログラム)」を通じて生まれました。
※その他記載されている名称は各社の登録商標または商標です。

(画像提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

©Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。