コクヨ、勉強アプリ 「Carry Campus」 配信。ノートをスマホで撮影&復習、ヒートマップや暗記マーカーでテスト対策を

1月31日、コクヨはiOS向け勉強アプリ 「Carry Campus」 を発表。App Storeにて配信を開始した。

「Carry Campus」 は、主に中高生をターゲットにした勉強アプリで、授業で書き留めたノートをスマートフォンで撮影し、スキマ時間などにノートを見返すことで勉強ができるアプリケーション。

カレンダー機能によるスケジューリング機能、暗記マーカー、閲覧ヒートマップなど勉強に使える機能が多数実装されているため、普段の勉強はもちろん、テスト前の追い込みにも活用できそうだ。

使い方は簡単。ステップ1として授業でノートを取る。ステップ2はそのノートをスマートフォンのカメラで撮影する。ステップ3は撮影した写真をもとに勉強をする、これだけだ。

スマートフォンにデジタルデータとして保存することで、スマートフォンさえあればいつでもノートを見返すことができるため、電車の待ち時間や移動中などのスキマ時間を活用して勉強することが可能。

さらに、勉強に役立つ機能として、3秒で消えるペン 「今だけペン」 や 「暗記シート」 「暗記マーカー」 なども用意されている。

閲覧ヒートマップはノートの中で拡大してみた箇所を表示してくれるというもので、よく見て勉強したところと、そうでないところを可視化。見返しの漏れを防ぐことが可能だ。

カレンダー機能も用意されていて、テストの日程やテスト範囲のノートを登録できる。テストの日まで毎日カウントダウンしてくれるため、スケジュール立てて勉強することができる。

「Carry Campus」 は、コクヨがデジタルとアナログの接続によって中高生の学習を支援するため開発されたアプリ。ICT端末を使用した授業が浸透し、スマートフォンを勉強に活用するシーンが増加している現状を踏まえ、高校生の約7割が行っている 「ノートをスマートフォン等に取り込む」 という行為に着目し、手書きノートという “アナログ” と、スマートフォンという “デジタル” を掛け合わせることで、中高生に新しい学習体験を提供できるのではないか、という想いから開発がはじまったとのことだ。

コクヨは、一般の中高生を対象に同アプリの事前モニターを実施。すると、利用者の86%がモニター期間終了後もアプリを使い続けたいと希望したという。モニター参加者は、「テスト勉強に使おうと思っているノートが追加できて便利だった」「勉強に関する予定と、その予定があと何日かが一目でわかった」「電車の中でノートを広げると隣の人に迷惑だが、スマホアプリなので使いやすかった」と評価していたという。

アプリは無料。iOSのみの提供となり、Androidスマホでは利用できないが、iPhoneユーザーはぜひダウンロードして使ってみてはどうだろうか。

(画像提供:コクヨ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。