TP-Link、新型無線LANルーター「Archer C2300」を国内で発売 デュアルバンド対応、5GHz帯で最大1,625Mbps通信

TP-Linkから、新型無線LANルーター「Archer C2300」が発表された。

「Archer C2300」は、同社から販売されている無線LANルーター「Archer C5400」「Archer C3150」の下位モデルにあたる製品。デュアルバンドに対応し、5GHz帯で最大1,625Mbpsで通信することが可能だ。

ルーターの基本的性能を決めるCPUも1.8GHzデュアルコアプロセッサー搭載で高速データ処理を実現。

さらに高速通信が可能な「NitroQAM」、複数デバイスとの同時接続を可能にする「MU-MIMO」や広範囲にWi-FIが届く「レンジブースト機能」など最新機能を詰め込んだ高性能ルーターになっている。

通信規格は、IEEE 802.11b/g/a/n/acに対応。最大通信速度は、5GHz帯で16,625Mbps、2.4GHz帯で600Mbps。デュアルバンド合計で、2.25Gbpsの高速通信を実現している。IPV6パススルーにも対応する。

ルーター背面には、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応のWANポートが1つ、LANポートが4つ搭載。USB 3.0ポートが1つとUSB 2.0ポートが1つ搭載されており、簡易NAS機能も活用可能だ。

「Archer C2300」の価格は13,980円。発売は1月30日で、すでに予約受付が開始されている。性能の割に値段がとても安いのがTP-Linkの製品の特徴だが、性能は国内メーカーのものよりも高く信頼感もある。

ルーターの買い換えを検討している方は「Archer C2300」を検討してみていただきたい。ちなみに筆者は上位機種の「Archer C5400」をレビューしている。興味がある方はこちらも是非。

[ via PC Watch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。