TP-Link、Alexaに対応した新型無線ルーター 「Archer A10」 発表 本日から予約受付開始

11月15日、TP-Linkの日本支社であるティーピーリンクジャパン株式会社は、デュアルバンドとMU-MIMOに対応した新型無線LANルーター 「Archer A10」 を発売することを発表した。

価格は税込10,980円、11月28日に発売予定。本日からAmazon限定で、予約受付を開始している。

TP-Linkの無線LANルーター 「Archer A10」 が予約受付開始

「Archer A10」 は、5GHz帯で1733Mbps、2.4GHz帯で800Mbpsの超高速デュアルバンドWi-Fiに対応し、他にもVPNサーバー、ビームフォーミング、MU-MIMO技術、音声コントロールなど数々の最新技術を搭載しながら、価格を抑えることに成功した新型モデル。

アンテナは外部3つ、内部1つの計4つ搭載されており、一部のデバイスが電波を占有しすぎないように均一化させるエアタイムフェアネスにも対応。安定した通信環境を提供することができる。

対応する機能は以下の通り。ちなみに有線ポートは5つ搭載されており、ひとつはWANで、残る4つはLANポート。すべてGiga対応となっているため、動画を視聴したり大容量ファイルをダウンロードする際に不便をすることはないだろう。

  • エアタイム フェアネス:接続中のデバイスのバランスをとることですべての機器のスループットを向上
  • VPNアクセス:Open VPNとPPTP接続でプライベートネットワークへ安全に接続
  • バンドステアリング:接続している各デバイスへ自動的に最適なWi-Fiバンドを割り当てる
  • IPTV:IGMPプロキシ/スヌーピング、ブリッジ対応しているため、IPTVストリーミングの最適化が可能
  • ビームフォーミング:指向性のWi-Fiを各デバイスに集中的に送ることでより強力な接続を確立
  • MU-MIMO対応
  • IPv6 (IPoE):IPv6 パススルー対応
  • ブリッジモード(APモード)搭載
  • 簡単設定「Tether」アプリ対応
  • Amazon Alexa対応
  • IFTTT対応
  • WPS対応
  • LED ON / OFF スイッチ
  • 壁掛け可能

「Archer A10」 はAmazonの人工音声アシスタント 「Alexa」 に対応し、音声でコントロールができるようになっている。さらにIFTTTにも対応しており、アクティビティの優先順位付け(QoS)やデバイスのネットワークへの接続・切断・追加をトリガーとして使用する等、あらゆる連携が可能だ。

同製品は本日から注文受付が開始されており、Amazonから購入可能。通常価格は税込10,980円だが、本日から先行予約者限定で15%オフの9,333円で購入できる。新しい無線LANルーターの購入を検討しているなら、同製品を購入してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。