TP-Link Deco X20 レビュー | Wi-Fi 6に対応した低価格メッシュWi-Fiルーター

自宅のWi-Fiでリビングは快適に通信できるのに、特定の部屋に行くと繋がりが悪い…そんなWi-Fiのデッドスポットを解消するのには、メッシュWi-Fiルーターの導入がオススメだ。

メッシュWi-Fiルーターは、複数台のルーターを使って文字どおりメッシュ(網)のようにWi-Fiの電波を張り巡らせることで、家中のどこにいても安定した通信を可能にするというもの。

最近は多くのメーカーからメッシュWi-Fiルーターが登場していて、どのルーターを選ぶべきかとても悩ましいところだが、もし最新のWi-Fi 6に対応したメッシュWi-Fiルーターが欲しいなら、TP-Linkの 「Deco X20」 を導入してみてはどうだろうか。

今回、TP-LinkからDeco X20のサンプルを提供していただき、実際に自宅でWi-Fi環境を構築してみたところ、かなり簡単に快適なWi-Fi環境を構築することができた。同ルーターの特徴や良いところについて、同レビューで詳しく紹介したいと思う。

デザイン

TP-Link Deco X20は、次世代高速無線LAN規格 「Wi-Fi 6 (IEEE 802.11ax)」 に対応したメッシュWi-Fiルーター。

今回筆者が提供していただいたのはルーターが2個セットになったもので、このほかに1個だけのものや3個セットのものがあり、家やオフィスの広さに合わせて好きな個数を購入することが可能だ。

一般的にWi-Fi 6への対応を謳うルーターはサイズが大きめであることが多いのだが、本製品は11.0×11.0×11.4cmとコンパクトで置き場所に困ることはほとんどない。外にアンテナが飛び出さないデザインということで、シンプルでどんな家具や部屋にも合わせやすいのもグッドポイントだ。

背面部分には電源ケーブルの差し込み口とギガビットWAN/LANポートが2ポート搭載されている。一般的なルーターはモデムからのケーブルを挿すWANポートと、各機器に有線接続するためのLANポートが別々に設けられていることが多いのだが、Deco X20の場合は両方とも兼用になっているため、どちらに挿しても問題なく機能するようになっている。

本体底面にはリセットボタンが用意されているほか、MACアドレスやSSIDが記載されている。MACアドレスによるフィルターなどを利用する場合は、設置する前に背面の写真を撮影したり、MACアドレスを書き留めておくなど準備しておこう。

本製品には、付属品としてクイックスタートガイドと電源ケーブル、そしてモデムと接続するためのLANケーブルが1本ついてくる。ゲームなどで安定した接続のために有線接続を利用する場合は必要な個数分、LANケーブルを買い足しておこう。

ルーター仕様

Deco X20はWi-Fi 6に対応していることもあり、最新のiPhone 12シリーズやiPad Pro/Air、M1チップを搭載したMacBook Pro/Air・Mac miniといったWi-Fi 6対応デバイスを持っているのであれば、高速通信を利用することができる。

まだWi-Fi 6対応機器を持っていないとしても、今後登場する新しい機器はどんどん対応していくことが予想されるため、今のうちにWi-Fi 6で通信環境を構築しておくというのは悪い選択肢ではないはずだ。

本製品はデュアルバンド仕様になっていて、5GHz帯と2.4GHz帯の電波を1つずつ飛ばしている。通信速度は5GHz帯が1201Mbps、2.4GHz帯が574Mbpsで、両バンド合計で1800Mbpsとなっている。

ただし、電波は2つ飛んでいてもSSIDの表示は1つだけとなっていて、Deco X20が各機器を自動で最適な周波数帯に接続してくれるため、どの周波数帯を使うかを考慮する必要がなくとてもシンプルに使うことができる。

ちなみに、本製品に接続できるデバイス数は最大150台。最近はスマートスピーカーやIoT家電などネットワークを利用する機器が多くなりがちだが、Deco X20なら安心して利用することができるはずだ。

Wi-Fi環境の構築は、専用のDecoアプリを使って簡単に設定可能。アプリの指示に従って設定していけば困ることはないはずだ。また、TP-LinkのDecoシリーズはすべて互換性があり、新しいモデルを購入しても既存のモデルを活かすことができるようになっているのだが、この設定もアプリからできるようになっている。

Deco X20は、初めてメッシュWi-Fiルーターを利用するという初心者の方、Wi-Fiについてあまり詳しくないがとにかく自宅の通信を快適にしたいという方には特にオススメのメッシュWi-Fiルーターと言えるだろう。

実際にWi-Fi環境を構築してみた

起動中はステータスランプが黄色に

実際に2台のDeco X20を使って、筆者の自宅でWi-Fi環境を構築してみた。筆者の自宅は2階建てになっているため、1階と2階にそれぞれDeco X20を設置し、様々な場所で通信速度を計測した。

結果は以下のとおり。やはりルーターに近い場所ほど通信速度が早く、特にリビングでは230Mbpsの速度が確認できた。そのほかの場所でも基本的には100〜200Mbps程度の速度が出ており、どこでも快適に通信できている。

1階リビング(ルーターとの距離:近)

2階寝室(ルーターとの距離:遠)

Deco X20で構築したネットワークを1ヶ月程度使い続けているが、通信が途切れたりすることもなく、かなり安定した通信が実現できているように感じている。

筆者はすでにメッシュWi-Fiシステムでネットワークを構築していたこともあって、Deco X20を導入したことで大幅に環境が良くなったということはないが、メッシュWi-Fiシステムを導入する前は特定の部屋で通信速度が低下する現象が起きていた。Deco X20を導入してもそういった問題に遭遇することはなかっため、やはり本製品を導入した意味はあったのだろう。

TP-Linkによれば本製品は最大370平米をカバーするとのこと。筆者のように1つのルーターでは家全体を網羅できない場合は導入価値がありそうだ。

また、PS5やXbox Series X、Nintendo Switchなどでオンラインゲームを遊ぶことが多い方は、LANケーブルを使ってDeco X20とゲーム機を直接接続すればもっと遅延の少ない通信を利用可能だ。とにかく回線速度重視のゲームを遊ぶのであれば、ルーターとゲーム機を近くに配置して有線接続することをオススメする。

まとめ

今回は、TP-LinkのメッシュWi-Fiルーター 「Deco X20」 をレビューした。

Deco X20の最大の特徴・魅力は、最新のWi-Fi規格であるWi-Fi 6 (IEEE 802.11ax) によるメッシュWi-Fiシステムを比較的 低コストで実現できるということ。

通信速度はハイエンドモデルにはやや及ばないこともあるが、メッシュWi-Fiルーターの特性上、のちにDeco X20を追加購入したり、そのほかの 「Deco」 シリーズを購入してネットワークを拡張できる柔軟さも魅力のひとつと言えるだろう。

もし現在のWi-Fi環境に不満を抱えているなら、ぜひDeco X20によるネットワークを構築してみてはどうだろうか。

Deco X20はAmazonや楽天、PayPayモールなどで販売中で、参考価格は20,800円(税込)。Deco X20の詳しい仕様についてはTP-Link 公式サイトをチェックしていただきたい。

▶︎ Deco X20を各オンラインストアで購入
Amazon
楽天市場
PayPayモール

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。