TポイントとVポイントが統合へ。国内最大規模のポイント・決済サービスに

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

TSUTAYAなどを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ (CCC)とクレジットカード大手の三井住友カードが、それぞれのポイントサービス 「Tポイント」 「Vポイント」 を統合する協議に入ったことがわかった。10月3日、日本経済新聞などが伝えた。

CCCと三井住友カードは、資本業務提携に向けた基本合意書を結んだとのこと。2022末までには正式に提携契約を結ぶ見通しだという。

統合により、新たなブランドのポイントサービスが始動する予定。統合は2024年春頃を予定している。新たなスマートフォン決済サービスの展開も検討しているとのこと。

Tポイントの現会員数は約7000万人、Vポイントのの現会員数は約5200万人。単純計算では述べ1億2000万人となり、国内最大規模のポイント・決済サービスとなる。

国内のポイントサービス市場は、約2兆円。複数の共通ポイントを導入するサービスが増加しているほか、キャッシュレス決済市場の拡大に伴い、キャッシュレス決済で使用できるポイントを発行するなどで、ポイントサービス市場は毎年拡大している。

楽天グループの 「楽天ポイント」 が巨大な経済圏を築いているほか、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなど携帯大手は各QRコード決済を立ち上げ利便性を高めているほか、KDDIはPontaと統合するなどユーザーの囲い込み競争は激化している。

一方のTポイントは、ソフトバンクとZホールディングス(HD) との資本関係を解消するなど、他サービスの隆盛のなか苦境に立たされていた。今回の統合で、Vポイントと提携することで巻き返しを図りたい考え。三井住友カードは 「三井住友カード プラチナプリファード」 などポイント還元の高いカードを発行するなど、ポイントサービスに力を入れている。

関連記事
「5,000万人突破記念!超PayPay祭」 10月17日から開催。1等で全額還元 「超ペイペイジャンボ」 今回は最大3回抽選可能

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。