VR対応ホラー「Transference」2018年秋発売【E3 2018】

VRでホラーゲームをプレイできる勇気があるなら、今秋発売予定の「Transference」に期待だ。

現地時間11日、Ubisoftは「E3 2018 プレスカンファレンス」を実施しており、同イベント内で新作タイトル「Transference」の最新トレーラーを公開した。

「Transference」は、Ubisoft MontrealのスタジオFunHouseとSpectreVisionがタッグを組んで開発したVR対応のサイコスリラーゲーム。

公開されたトレーラーでは実写と3Dグラフィックが交錯するような演出がされており、よりリアルなホラー体験が可能であることが確認できる。

同作は2018年秋に発売予定。プラットフォームはPlayStation 4とXbox One、PC向けとなっており、VRはPlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveに対応している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。