トリプルレンズを搭載した次期iPhoneの実機の姿。著名リーカーが合成画像を作成

次期iPhoneのカメラには ”第3のレンズ” が新たに搭載されトリプルレンズ化が果たされることが濃厚。撮影できる写真が綺麗になる代わりに、代償として製品デザインが悪くなることが懸念されている。

これまでの情報ではそれぞれのレンズが三角配置されるため、背面カメラの存在感が現行のものからさらに増すとされているが、それをイメージしやすくなる画像が著名リーカーBen Geskin氏から公開されている。

iPhone 11(XI) の背面カメラがイメージしやすく

上記写真がその画像。Ben Geskin氏曰く、この画像は 「iPhone XS/XS Max」 の背面にあるデュアルレンズカメラを、トリプルレンズカメラになるように加工したものだ。非常にリアルに作られているため、本物と錯覚してしまいそうだが、しかしこの写真のおかげで実機をイメージしやすい。

さて、この画像を見たあなたは次期iPhoneが欲しいと思っただろうか。筆者は個人的にあまり優れたデザインではないと感じているが、ただトリプルレンズカメラを搭載したiPhoneが一体どれくらい綺麗な写真が撮れるのかがとても気になっている。旅行・出張先に持っていく端末なだけに、現行のカメラよりも格段に綺麗な写真が撮れるようになるなら、カメラの不格好さは少しは目を瞑れるかも知れない。

ちなみに、トリプルレンズカメラの配置の仕方は上記写真の通りでほぼ確定とみていい状態だが、カメラユニットの配色についてはまだ明らかになっていない。

スペースグレイモデルは黒のカメラユニットに黒のカメラレンズが搭載されるため違和感は少しは少なくなるかも知れない。ただし、シルバーとゴールドモデルに関してはカメラユニット全体が黒になるのか、それともカメラレンズのみが黒くなるのかは不明。どちらにしても違和感があるデザインにはなりそう。

今年の人気カラーはスペースグレイになりそうな予感がしているが、果たしてどうなるだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。