トリプルレンズカメラ搭載iPhone、やはり2019年に登場か

先月10日、経済日報は2019年発売のiPhoneのうち、少なくとも1機種がトリプルレンズカメラを搭載すると伝えていたが、さらにYuanta証券のアナリストJeff Pu氏も同様の内容のリサーチノートを公開していることが分かった。Taipei Timesが伝えている。

2019年後半にトリプルレンズカメラを搭載したiPhoneが登場へ

Jeff Pu氏は、Appleは2019年後半にトリプルレンズカメラを搭載したiPhoneを少なくとも1機種発表する可能性が高いと伝えており、経済日報の情報と内容が合致している。

Jeff Pu氏はその他の情報は伝えていないものの、先日の経済日報の情報では、カメラは1,200万画素で6層レンズ構成、5倍ズームに対応する。また、3枚目のレンズが追加されるため、iPhone史上初めての3倍光学ズームが利用可能になると予想されている。

経済日報の情報はリーク実績が少ないため、先日の情報の全てが正しいとは思えないが、今回のJeff Pu氏のリサーチノートにより、トリプルレンズカメラ搭載iPhoneが登場する可能性は少し高まったと言えそうだ。できれば、もっと実績のある他ソースからの情報が欲しいところではあるが。

ちなみに、トリプルレンズカメラは先日発表されたばかりの「Huawei P20 Pro」に初めて搭載され大きな話題となった。同端末は3つのレンズを搭載したことによって、スマートフォンが苦手としていた暗所での撮影に長けている。

DxOMark Mobileでスマートフォン史上歴代最高スコア(109)を叩きだし、ライバル社に対し大きな差をつけるのに成功している。

[ via MacRumors / img via iDropNews ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。