iPad版 「Tropico」 がApp Storeで発売 税込1,400円であなたも手軽にプレジデンテに

大人気国家経営シミュレーションゲーム 「Tropico」 のiPad版が、2018年12月18日に国内外でリリース。

iPad版 「Tropico」 の価格は税込み1,400円、App Storeから購入・ダウンロードが可能だ。同タイトルは日本語もサポートしているため、英語が苦手な日本のユーザーもプレイできる。

いつでもどこでもiPadでプレジデンテに

同作は、Tropicoをモバイル向けに再設計したゲームアプリになっており、タッチパネルの搭載されたiPadでも直感的に操作できるように工夫されている。

プレイヤーは中南米の小国のプレジデンテとなり、崇拝されながらも小国の独裁国家の運営を任される。時には自然を開拓し畑を耕したり、時には観光地を建設したり。また、国家転覆を企てる者もいるため、秘密警察を使って排除したりするなどのアクションが必要になることも。

どのような国家にするかはプレイヤー次第で、島民たちの幸せのために日夜頑張るのがプレジデンテだ。

iPad版 「Tropico」 は、12月18日から販売が開始されており、価格は税込み1,400円。アプリ内購入要素は一切ない買い切りアプリとなっているため、安心して購入できるはずだ。

対応するiPadは以下の通り。

  • iPad (第5世代)
  • iPad (第6世代)
  • iPad Pro (第1世代:9.7インチ、12.9インチ)
  • iPad Pro (第2世代:10.5インチ、12.9インチ)
  • iPad Pro (第3世代:11インチ、12.9インチ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。