「Tropico for iPhone」 がリリース iPad版にも新機能が追加

今日からiPhoneでもプレジデンテに。4月30日、Feral Interactiveは 「Tropico for iPhone」 を発売したことを発表した。価格は1,400円(税込)、App Storeで購入が可能だ。

Tropico for iPhone」 は、国家建設シミュレーション 「Tropico」 シリーズのiPhone版。従来の作品と同じく、ユーザーは誇り高き中南米の国家トロピコのプレジデンテ(大統領)となり、各産業や観光開発をしながら、島民の満足を満たして国民の支持を集めたり、政敵を潰して独裁政権を樹立するなど多彩な遊び方ができるユニークなゲームシステムを持つ。昨年12月にiPad版がリリースされていたが、ようやくiPhone版が配信された形となる。

iPhone版はiPad版と同じくアプリ内課金を必要としない買い切り制。モバイル向けに設計されているため、タッチパネルの搭載されたiOSデバイスでも直感的な操作ができるよう工夫されている。また、iPad版を購入した方であればiPhone版を無料でダウンロード可能。もちろん、iPhone版を購入すればiPad版も無料でダウンロード可能だ。

対応するiPhoneはiPhone 6s以降。購入は以下から。

ちなみに、同日配信された 「バージョン1.2.1」 のアップデートでは、新機能として最大12人の住民をより念入りに監視できる 「プレジデンテのウォッチリスト」 や、UIを非表示にできる 「スクリーンショットモード」 が追加されている。また、iPhoneでも快適にプレイできるよう、特定のパネルを最小化できる機能が追加されているとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。