やはりTSMC製「A9」チップはSamsung製よりも2〜3%バッテリー持続が長い!

A9チップ

先週から話題の「Chipgate」問題。
具体的には、iPhone 6s / 6s Plusに搭載されている「A9」チップの違いによるバッテリー駆動時間に差があるという問題が起きている。

TSMC製「A9」チップはSamsung製「A9」チップよりも電池持ちが良く、駆動時間が2時間近く差があるという報告もある。

先日Appleから公表された声明では、「通常使用ではそこまでの差はなく、あくまでも2〜3%程度だ」との認識であることを発表している。

関連:iPhone 6s / 6s PlusのA9プロセッサ製造元による違いが2〜3%あることをAppleが認める!

駆動時間に2時間ほどの差はないが、多少の差があることを暗に認めた形になっており、Samsung製を買った人からは不満の声も上がっていた。

本日、また新たなデータが公表されたのでご紹介。

「A9」チップでの差はやはり2〜3%

IT関連で有名なars technicaが行った複数のバッテリーテストで、TSMC「A9」チップの方が、Samsung製「A9」よりも2〜3%電池持ちがいいという結果が改めて明らかになった。

その検証は以下のとおりだ。
art technicalのバッテリーテスト結果

[img via MacRumors]

まずWi-Fiに接続した端末でWEBブラウザをした場合だが、これはTSMC製のチップの方が若干だが優勢

さらに「Geekbench 3」と「GFXbench」というベンチマークアプリをインストールし、ベンチマークテストを行ったところ、どちらもTSMC製の勝利。「Geekbench 3」の計測では大きくTSMC製が上回った。

だが、一つ興味深いのが「WEB GL」を動作させた状態での検証。WEB GLとは簡単に言うと、WEBブラウザ上で3Dグラフィックスを描写させる技術で、デバイスに負荷がかかる。

このWEB GLを動作させて検証したところ、なんとSamsung製の方がいいスコアを出している。TSMC製に勝利したという報告は、これが初めてである。

通常使いはTSMC製、3Dグラフィック描写はSamsung製が強い!だが、その差はあまり大した差ではない!

結果は3つのテストでTSMC製が上回るという形ではあったが、Samsung製の「A9」チップも得意な分野があり、また特別高負荷をかける作業をしなければ、その差はAppleが発表している通り2〜3%程度であると言える。

これら「Chipgate」問題は、誤差の範囲として受け止めて大丈夫だろう。一部動作でSamsung製の「A9」チップの方が優勢という結果も出たことからSamsung製チップの方々も、安心していい検証結果だったのではないだろうか。

自分のiPhoneに搭載されている「A9」が、どこ製なのか調べるにはこちらの記事を参考にしてほしい。

関連:iPhone 6s / 6s Plusの「A9」がTSMC製かSamsung製かを安全に調べる方法

ちなみに、このバッテリーテストはキャリアの通信などでテストに差が出ないように、SIMカードを抜いた状態で行われているので、ある程度フェアな結果になっているので信ぴょう性の高い調査結果になっている。

[via MacRumors]

art technicalのバッテリーテスト結果
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう