タリーズコーヒーの公式アプリが9月2日配信開始。スマホに登録したタリーズカードによる非接触決済が利用可能に

8月27日、タリーズコーヒージャパンは記者向けに 「新サービス発表会」 を開催。この発表会のなかで、タリーズコーヒー公式アプリを配信することを発表した。配信は2020年9月2日から、iPhoneおよびAndroidスマートフォンにて利用できる。

タリーズコーヒーの公式アプリは、ユーザーが所有するタリーズカード(TULLY’S CARD)をアプリに登録することで、スマホを使った非接触決済で店内の商品が購入できるスマート機能が搭載されている。また、商品の購入に応じて貯まるBeans(ビーンズ)というポイントを集めることで、デジタルインビテーションチケットが発行される 「タリーズポイントプログラム」 などの様々な特典も利用することができる。

タリーズコーヒー公式アプリの特徴

①デジタルタリーズカードで非接触型決済が利用可能

ユーザーが所有する 「タリーズカード」 をタリーズコーヒーの無料WEB会員サービス 「クラブタリーズ」 に登録することで、公式アプリ内にデジタルタリーズカードとして入れることができるようになる。このデジタルタリーズカードに入っている残金を使うかたちで、店内の商品を非接触型のコンタクトレス決済で購入することが可能だ。

まだタリーズカードを持っていないユーザーは、アプリ内でデジタルタリーズカードを新規発行することができる。デジタルタリーズカードには店頭で入金することができるほか、タリーズクラブの会員の場合はWEBチャージやオートチャージを利用することも可能だ。

②ポイントプログラム 「タリーズポイント」

登録したタリーズカードを使って商品を購入すると、お買い物1円(税込)につき、1 Beans(ビーンズ)が付与される仕組みになっている。10,000 Beansを集めることで、デジタルインビテーションチケットをもらうことができる。

このデジタルインビテーションチケットとは、2~4名で来店した際に好きなドリンクを4杯まで全サイズ50%オフで購入できるというもの。家族や友達とカフェを楽しみたいときにぜひ利用したい。

また、ただBeansを貯めるだけでなくユーザーが楽しめる要素として、ゲーム感覚で遊べるルーレット機能が用意されている。このルーレットを回すことで、最大1,000 Beansをもらうことができる。ルーレットは1日1回回すことができるため、毎日トライすることでお得にタリーズコーヒーを楽しむことができるかも。

③コーヒーやティーのおかわりがお得 「One More Coffee & Tea サービス」

そしてタリーズコーヒーをさらに楽しめるサービスとして 「One More Coffee & Tea サービス」 がアプリで受けられる。このサービスはタリーズコーヒーで対象ドリンクを注文した場合、2杯目おかわりを割引価格で利用できる(購入した日のみ)というもの。

2杯目のおかわりは購入店舗に限らずタリーズコーヒー全店舗で利用できる。対象コーヒーは 「本日のコーヒー」 「アイスコーヒー」 「ティー (Hot/Iced)」 。

ちなみにこのサービスはアプリで上記ドリンクを決済したときに自動表示される 「One More Coffee & Tea」 チケットで利用できる。

公式アプリ配信開始を記念してキャンペーンが開催

タリーズコーヒーは、同公式アプリの配信開始を記念したキャンペーンを開催する。タリーズコーヒー公式アプリをダウンロードしたユーザーに200円分のThanksチケットをプレゼントする。同キャンペーンは2020年9月2日〜10月31日まで開催される。

また毎日1,000名、合計10,000名に対象ドリンクチケット(ショートサイズ)をプレゼントするキャンペーンも併催される。公式アプリ内にあるQRコードリーダーで、店舗にあるポスターに書かれている応募QRコードを読み込むことで応募可能だ。対象ドリンクは9月2日から提供が開始される季節限定ドリンク 「宇治抹茶フルーツティー ペア&アップル (Hot/Iced)」 「ほうじ茶リスタ」 の2種類。こちらのキャンペーン期間は2020年9月2日〜9月11日となっている。

タリーズコーヒーによれば、この公式アプリは 「タリーズコーヒーでのお買い物をもっと楽しく、便利に、あなたの日常に寄り添いたい」 という思いから開発、提供に至ったという。ショップだけでなく、身近なスマートフォンの中でもタリーズのサービスを体験できるように設計されており、いつでもどこでもタリーズを楽しめるサスティナブルエクスペリエンスがコンセプトだ。

2020年秋だけの季節限定ドリンクも発表

今回の記者発表会では、新サービスだけでなく2020年秋の新ドリンク先行試飲会も開催された。

タリーズコーヒーが提供する秋の季節限定ドリンクは、「宇治抹茶フルーツティー ペア&アップル」 と 「ほうじ茶リスタ」 。

「宇治抹茶フルーツティー ペア&アップル」 (HOT/ICE)
毎年人気の抹茶を使ったドリンクにフルーツを組み合わせた新ドリンク。抹茶のほろ苦さの中に秋を感じる洋梨をつかった、コクのあるフルーティな味わいが特徴。果肉入りアップルソースをトッピング。果実のほんのりとした甘みと宇治抹茶のすっきりとした後味を堪能できる (Short 430円/税別、Tall 480円/税別、Grande (アイスのみ) 530円/税別)。

「ほうじ茶リスタ」
ダブル焙煎ほうじ茶を使った濃厚シェイク。ほうじ茶の独特の香ばしい味と香りが際立つ一品。トッピングしたクーベルチュールチョコレートのパリッとした食感を楽しめる (Short 560円/税別、Tall 610円/税別)。

今回筆者は両ドリンクを試飲させてもらったが、お茶そのものをしっかりと感じられるにもかかわらず、フルーツなどのアレンジがちょうどよくどちらもとても飲みやすく美味しく感じられた。

特に今年の夏は暑い日が多く、さらに厳しい残暑が続くと予想されている。そんな時には 「宇治抹茶フルーツティー ペア&アップル (Iced)」 がオススメ。同ドリンクは秋らしさを感じられるリンゴの果肉入りアップルソースおよび洋梨果汁が入っていて、爽やかでスッキリと飲みやすい。残暑が厳しい日もこれを飲むことできっと乗り切れるだろう。

「ほうじ茶リスタ」 はどちらかというとデザート感覚で楽しめる一品。ほうじ茶をダブル焙煎しているためシェイクなのに深い味わいが魅力。時間があるときにゆっくり・じっくりと楽しみたいと感じた。ちょっとした大人のデザートという感じで、クセになりそうだ。

試飲会で一足早く新ドリンクを堪能

両ドリンクが誕生した背景には、お茶への関心の高まりがある。日本国内の茶生産量は近年減少傾向にある一方で、日本茶専門店の出店や茶葉のバリエーションの豊かさやほか食材との相性も良いことから茶を使ったスイーツ商品が多く登場しており、若い世代にもお茶文化が浸透しつつある。また新型コロナも含めた近年の健康志向の高まりを受けて、改めてお茶の成分にも注目が集まっている。

その点に注目したタリーズコーヒーは、親会社である伊藤園と協働し、粉末の茶葉をそのまま使用した 「お茶そのものを味わう」 季節限定のドリンクを発売することに。ただしそこにはタリーズらしい “アレンジ” が加えられており、今回新たに提供されるドリンク2種はコーヒーや甘めの飲料が苦手な方、お茶の渋味に抵抗のある方にも飲みやすく、日常の中で自然に日本茶文化に触れられるものになっている。

「宇治抹茶フルーツティー ペア&アップル」 「ほうじ茶リスタ」 はタリーズコーヒー公式アプリとともに2020年9月2日から提供が開始される。新キャンペーンもはじまるため、ぜひタリーズコーヒーに足を運んで新作ドリンクをお試しいただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。