「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1」 が一般発売 最大990GB SSD内蔵のUSB-Cドッキングステーション

3月3日、フォーカルポイントは 「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1」 の一般販売を開始した。Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングで購入することが可能だ。

フォーカルポイントのSSD内蔵スマートドッキングステーションが一般発売

ALMIGHTY DOCK CS1は最大960GBのSSDを内蔵し、高速データ転送を実現したUSB Type-C対応スマートドッキングステーション。Macだけでなく、Windows PC、iPad Pro、Androidデバイスでも使用可能。macOS 「TimeMachine」 にも対応しており、バックアップにも最適だ。

また、最大60WのUSB-PD充電をサポートしているため、各デバイスを使用しながらチャージすることも可能だ。搭載ポートはUSB-C(PD/充電専用)、HDMI(4K/30Hz)、USB-A(3.0)×2。各ポートや転送速度などの詳しい仕様は、以下のレビュー記事で確認いただきたい。

ALMIGHTY DOCK CS1はその機能性と性能の高さから、2019年11月から2020年1月にかけて行われたクラウドファンディングで目標達成率1358%(6,792,504円)を記録。クラウドファンディングの期間中は試作モデルをもとに改良を重ねた結果、ついに量産化することができたとのこと。

いよいよ一般発売を迎えた本製品。価格は内蔵ストレージ容量によって10,400円(税別)~32,400円(税別)と異なる。お持ちのデバイスを手軽に拡張したい方はぜひ導入してみてはどうだろうか。

関連記事
TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK CS1 レビュー。SSDを搭載した新発想USB-Cハブ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。