TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1 レビュー | 超コンパクトでケーブル着脱可能なポータブルドック

7月29日、フォーカルポイントはケーブル着脱可能なポータブルドック 「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」 のクラウドファンディングをGREEN FUNDINGで開始した。

今回のクラウドファンディング開始に伴い、フォーカルポイントから製品サンプルをお借りし、本製品を試用する機会をいただいた。本製品の仕様や実際の使い心地について、本記事で詳細をお伝えしたい。

デザイン・仕様について

「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」 は、USB-Cケーブルを使ってMacBookやiPadなどのデバイスに接続することで、USB-CポートやUSB-Aポート、SDカードスロットなど最大5個のポートを拡張できるポータブルドックだ。

本製品はコンパクト設計を重視しているのが大きな特徴で、本体サイズは約126.9×32×10.5mmとかなり小さく、同クラス製品では世界最小レベル。カバンのちょっとしたスペースに入れられる。重量も約36gと軽量なので、気軽に持ち運べるという魅力も。

上記は筆者が手で持ってみた様子。リップスティックよりもふたまわり大きいくらいのサイズ感であるため、とてもコンパクトな設計であることがお分かりいただけると思う。

「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」 に搭載されたポートは以下のとおり。

  • USB-C (USB 3.2 Gen 2/最大10Gbps) ×2
  • USB-A (USB 3.2 Gen 2/最大10Gbps) ×1
  • micro SDカードスロット(最大2TB/SD3.0 UHS-1/最大104MB/S) ×1
  • SDカードスロット(最大2TB/SD3.0 UHS-1/最大104MB/S) ×1

注目はUSB-CポートとUSB-AポートがUSB 3.2 Gen 2に対応していること。同規格に対応したことで、最大10Gbps(理論値)での素早いデータ転送が可能だ。

また、USB-Cポートがふたつ搭載されている点も重要なポイント。2つのUSB-Cポートが搭載されている製品は意外と多くない。

本製品とデバイスとの接続は、USB-Cケーブルによって行う仕組み。ケーブルは着脱可能になっていて、自分が持っているケーブルを使用できる点にも注目だ。ケーブルはUSB 3.2 Gen 2に対応したものが推奨されている。

ケーブルの長さやカラーなど自分好みにカスタマイズできる上に、USB-C to USB-Aケーブルを使用すれば、USB-A経由でデバイスに接続して使用することもできる。この柔軟性も大きな魅力と言えるだろう。

なお、本製品はHDMIが搭載されておらず、USB-Cも映像出力には対応していないため、外部ディスプレイに映像を出力することはできないので注意が必要だ。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1を試しに使ってみた

実際に、筆者のMacBook Proに装着してみた。アルミニウム仕上げが採用されているおかげで、MacBookシリーズとの相性は抜群。本体カラーはシルバーとスペースグレイの2色が用意されていて、今回お借りしたサンプルはシルバーカラーのものとなっている。

TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1の転送速度をチェック

MacBook Pro(M1, 2020) にUSB-C to USB-Cケーブル経由で本製品と、USBストレージ (USB 3.1 Gen 1をサポート) を接続し、「Blackmagic Disk Speed Test」 アプリで書き込み・読み込み速度をチェックしてみた。

書き込み速度は約365MB/s、読み込み速度は364MB/sと概ね予想どおりの転送速度が実現できていることが確認できた。

実際に60GBのファイルを転送してみたところ、約4分で転送を完了できた。RAW画像など、大容量のデータ転送にはちょっとだけ待たされるかもしれないが、頻繁に大容量データを転送しないようなら、これでも十分有用な性能と言えるだろう。

SDカードの転送速度もチェック。本製品のSDカードスロットはUHS-1に対応しており、最大104MB/sでの転送が可能。実際には書き込み速度は92MB/s、読み込み速度は90MB/sでの転送ができた。

本製品を使用していて気になったのは多少の発熱。大容量のデータ転送時にすこしばかり熱を帯びることがあることだが、持てないほど暑くなることはないので、火傷や怪我を心配するほどではないものの、暑い夏と寒い冬ではパフォーマンスが異なる可能性はすこしばかりありそうだ。

ちなみに本製品はMacやiPadだけでなく、WindowsやAndroidデバイスでも利用できる。前述したように映像出力はできないものの、ほとんどのデバイス間でデータ転送ができるのは本製品の最大の魅力のひとつ。コンパクトで持ち運びにも最適なので、万が一の事態に備えて1台持っておくと安心できそうだ。

まとめ

「TUNEWEAR ALMIGHTY DOCK nano1」 は現在、GREEN FUNDINGでクラウドファンディングを実施中。4,500円から支援可能だ。

プロジェクトはすでに目標額には達しているものの、2021年10月7日までは支援可能。コンパクトなポータブルドックを探している方はぜひ支援してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。