TVer、Amazon Fire TVやソニーのBRAVIAに対応 今月15日に 「TVer テレビアプリ」 提供開始

4月8日、民放公式テレビポータル 「TVer」 は、Amazon Fire TVやソニーのBRAVIAに対応する専用アプリ 「TVer テレビアプリ」 を今月15日から提供開始することを発表した。

これまでは、ウェブサイトやスマートフォン・ タブレットアプリからしか視聴できなかったTVerだが、今後は自宅の大画面テレビを使って視聴できるようになる。

対象OSは、Android TVとFire OSの2つ。対応機種は2015年以降に発売した Android TV機能搭載のソニーBRAVIAと、Amazon Fire TVシリーズ。これらのデバイスに 「TVer テレビアプリ」 をインストールすることで、TVerの視聴が可能になる。アプリの公開は2019年4月15日午後を予定している。

TVer (ティーバー)とは
2015年10月にスタートした民放公式テレビポータル。在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ) が運営するキャッチアップサービス。現在、在阪民放5社(毎日放送、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ、読売テレビ) も含めた 10社で連携し、約200番組を広告付きでウェブサイト/スマートフォン・タブレットアプリ向けに無料で公式配信している。

ちなみに、TVerテレビアプリで配信される番組とウェブサイト/スマートフォン・タブレットアプリで配信される番組とは一部異なる場合があるとのことだ。

新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属
Amazon (2019-01-23)
売り上げランキング: 1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。