正式版 「tvOS 12.3」 がリリース Apple TV(第3世代)向けに 「Apple TV Software 7.3」 も配信開始

5月14日、AppleはApple TVユーザー向けに 「tvOS 12.3」 をリリースした。Apple TV 第4世代もしくは第5世代(Apple TV 4K)をお持ちの方は、同バージョンへのアップデートが可能だ。

「tvOS 12.3」 では、複数の新機能や変更点が確認されているが、最大の変更点は映画やテレビ番組を購入・レンタルできるTVアプリの刷新。今年3月に実施されたAppleスペシャルイベントで発表された新TVアプリや同アプリで提供される新サービス 「Apple TV channel」 が導入された形で、これに伴ってTVアプリのUI変更や新機能の追加が行われている。

「Apple TV channel」 では、HBOやShowtime、Starzなど米国ケーブルテレビのコンテンツが他アプリケーションをまたぐことなく視聴できる。このサービスは最大6人の家族で共有できる。

「tvOS 12.3」 へのアップデートは、いつも通り設定アプリの 「システム」 > 「ソフトウェア・アップデート」 からどうぞ。

ちなみに、Appleは今秋から独自の映像コンテンツを配信する 「TV+」 を配信する予定だ。当初はiOSデバイスとApple TVで利用できる予定だが、将来的にはMacでも利用できるようになる見通し。

また、「tvOS 12.3」 のリリースと同日に、Appleは 「Apple TV(第3世代)」 向けに 「Apple TV Software 7.3」 の配信も開始している。

関連記事
Appleが新サービス「Apple tv channel」 と新 「Apple TV」 アプリを発表
ビデオ配信サービス 「Apple TV+」 が正式発表 2019年秋提供へ

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。