【新機能まとめ】「tvOS 12」が正式発表 「Apple TV 4K」が「Dolby ATMOS」に対応

現地時間6月4日、Appleは米サンノゼで開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催し、初日の基調講演で「iOS 12」を始めとした次期OSを発表している。

同基調講演内では、次期tvOSの「tvOS 12」が正式発表されており、「Apple TV 4K」の「Dolby ATMOS」対応や新スクリーンセイバーが追加されることが明らかになった。以下、発表内容をまとめたので、次期tvOSの詳細が知りたい方はぜひ確認していただければと思う。

Apple TV 4Kが「Dolby ATMOS」に対応

「Apple TV 4K」は4K/HDRに対応したことでより綺麗な映像を楽しめるようになったが、さらに立体音響まで楽しめるように。「tvOS 12」ではDolbyが提供しているサラウンドフォーマット「Dolby ATMOS」に対応する。

「Dolby ATMOS」対応コンテンツは今後徐々に増えていく予定。また、iTunes Storeで購入したフルHDのコンテンツは無料で4K/HDRにアップグレード可能だが、「Dolby ATMOS」も無料アップグレード対象に含まれるとのこと。

新たなスクリーンセイバーが追加 宇宙からの超美麗映像も楽しめる

Apple TVは、ある一定の時間操作をしないでいるとMacのようにスクリーンセイバーが起動するようになっているが、「tvOS 12」ではこのスクリーンセイバーに新しい映像が追加される。

追加される映像はグリーンランドの氷山や中国の棚田のような美しい風景に加えて、なんとNASAの協力により国際宇宙ステーションから撮影した地球の超美麗映像が楽しめるように。

これらのスクリーンセイバーを「Apple TV 4K」で表示したら、思わずため息が出てしまうのではないだろうか。


上記機能の他に、「tvOS 11」で導入されたシングルサインオン機能が進化した「ゼロサインオン」機能(米国でのみ利用可能)なども追加される予定だ。

「tvOS 12」の正式リリースは2018年秋が予定されている。基調講演終了後には開発者向けにデベロッパープレビューが公開されているので、最新OSを試してみたい開発者の方々はぜひダウンロードを。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。