tvOS 13でピクチャ・イン・ピクチャ (PinP) 機能が利用可能に

現地時間6月17日(日本時間6月18日)、Appleは開発者向けにtvOSの最新ベータ版 「tvOS 13 beta 2」 を配信開始したが、同ベータ版からApple TVではピクチャ・イン・ピクチャ (PinP)機能が利用できるようになったことが判明した。

tvOS 13ではピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)が利用可能に

Apple TVのピクチャ・イン・ピクチャ(PinP) は、動画再生しながら他の作業ができるマルチタスク機能の一種。iPadのピクチャ・イン・ピクチャと同じように画面端に小さな小窓が出現し、そこで映像を再生しながら、小窓の外では通常の操作をすることが可能だ。

iOSおよびiPadOSではすでにピクチャ・イン・ピクチャ(PinP)が利用できるが、tvOSのPinPの操作感/UIはiOSやiPadOSのものととてもよく似ているため、iOSやiPadOSに慣れている方であればきっと違和感なく使えるだろう。

ちなみに、今回配信された 「tvOS 13 beta 2」 は今秋にリリース予定のtvOS 13のベータ版だ。同ベータ版には複数の新機能が用意される予定で、マルチユーザー機能の実装やXbox OneやPlayStationのコントローラーのサポート、新しいスクリーンセーバーが目玉とされていた。

「tvOS 13」 は、2019年秋に正式リリース予定。今年7月にはパブリックベータユーザー向けにもベータ版が提供される予定になっている。「tvOS 13」 の詳細については以下の記事を参考にしていただきたい。

関連記事
Apple、「tvOS 13」 発表 PS4やXbox Oneのコントローラーをサポート。マルチユーザー機能にも対応
「watchOS 6 beta 2 (17R5507l)」 「tvOS 13 beta 2 (17J5501l)」 が配信開始

ビデオ配信サービス 「Apple TV+」 が正式発表 2019年秋提供へ

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。