Apple TV、スクリーンセーバーをテーマごとにオン・オフ可能に。tvOS 14から利用可能

Apple TVには、4Kカメラで撮影した美しいスクリーンセーバーが用意されている。上空から街を俯瞰するように撮影したものや人工衛星から撮影した地球の様子など。おそらくユーザーごとにお好きなスクリーンセーバーがあるのではないだろうか。

そこで、特定のスクリーンセーバーを見たいApple TVユーザーに朗報。今秋に配信が予定されている次期tvOSこと 「tvOS 14」 では、Apple TVに表示させるスクリーンセーバーを選べるようになることがわかった。米Apple系メディア9to5Macが現地時間24日に伝えた。

tvOS 14ではスクリーンセーバーをテーマごとにオン・オフ可能

9to5Macによれば、「tvOS 14」 の設定アプリには、表示させるスクリーンセーバーをテーマごとにオン・オフできる項目が用意されているとのこと。スクリーンセーバーのテーマは 「Landscape」「Earth」「Underwater」「Cityscape」 の4種類が用意されており、どのテーマのスクリーンセーバーを表示させるか個別で指定することが可能だ。

Underwaterに同梱されるスクリーンセーバーのひとつ

残念ながら個別のスクリーンセーバーを指定することはできないようだが、それでも好きなテーマだけ選んで再生できるようになるのは魅力的なのではないだろうか。ちなみに筆者は海の中を撮影した 「Underwater」 と、街の様子を撮影した 「Cityscape」 が好きなため、普段はこのふたつのテーマを選んでみようと思う。

「tvOS 14」 は、iOS 14などと同時に2020年秋に正式リリース予定。先日から開発者向けにベータ版が提供されており、来月にはパブリックベータユーザーに向けてパブリックベータ版が提供される予定となっている。

関連記事
「tvOS 14」 が正式発表。4K映像のAirPlayに対応へ

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。