TweetDeckの名称が 「XPro」 に変更。リブランディングに伴う変更

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月2日、Twitter改めXは、従来まで 「TweetDeck」 として提供されてきた公式アプリケーションの名称を 「XPro」 に変更した。

現在、TweetDeckのURL (https://tweetdeck.twitter.com) を開くと、ページの上部などに 「XPro」 の名称が使われていることが確認できる。

TweetDeckが 「XPro」 に名称変更

TweetDeckの名称変更は、7月下旬から始まったTwitterのリブランディングに伴う変更の一つ。オーナーであるイーロン・マスク氏が先週言及していたものだ。

ただし、ログイン画面にはまだ 「Twitterユーザーのための強力でリアルタイムなツールです。」 と表示されるなど、まだ 「Twitter」 の名称が一部残っていることも確認できる。

XProは、現時点ではすべてのユーザーが利用できる状態だが、運営会社のXは現地時間7月3日時点で、利用するには30日以内に有料サブスクサービス 「Blue」 への加入が必要になると案内していた。X社の方針が変わっていなければ、まもなく 「Blue」 加入者のみが利用できる仕様に変更されるはずだ。

また、現時点では旧バージョンのTweetDeckにあたる 「legacy XPro」 も公開されている状態で、ログイン画面の下部に表示されているリンクから利用することができる。旧バージョンがいつまで利用できるのかは不明だ。

関連記事
Twitter、アプリアイコンが遂に 「X」 に変化。クリエイター向け広告収入分配プログラム制度もスタート
TweetDeckがついに有料化。Twitter Blue加入者のみ利用可能に、改悪続く

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:X)

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

Twitterの商標およびそのロゴ、Twitterのロゴは、Twitter, Inc.の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。