Mac版 「TweetDeck」 が6月末で提供終了。後継にウェブ版 「TweetDeck」 を推奨

現地時間6月1日、米Twitterはクライアントアプリ 「TweetDeck (Mac版)」 を6月末をもって提供終了すると発表した。

本発表は、Mac版 「TweetDeck」 アプリにて行われている。「TweetDeck」 アプリを起動すると、「TweetDeck for Mac is saying goodbye. Beginning July 1, the TweetDeck for Mac application will be removed. You can continue accessing TweetDeck on the web. (TweetDeck for Macはサヨナラを言う時が来ました。7月1日よりTweetDeck for Macは削除されます。ウェブブラウザ経由でTweetDeckは利用することが可能です。)」 というメッセージが表示され、来月より利用できなくなることが案内されている。

後継サービスとして、TweetDeck for WEB (ウェブ版TweetDeck) を使用することをTwitterは推奨している。

同アプリの提供が終了する理由については明かされていないものの、Twitterは以前にTweetDeck for Macに関して ”十分な愛を注いで来なかった”として、Twitterの新機能/UIなどの導入を後回しにしてきたことを認めているなど、開発の優先度が低いことが明らかになっていたことから、ついに本アプリケーションの廃止に踏み切った可能性がある。

Twitterは収益源の多様化を計画しており、Twittter Blueの展開を進めている。また、米電気自動車大手テスラのCEOイーロン・マスク氏の買収に応じる (現在は保留中) など大きな変革のタイミングを迎えていることから、経営方針に何らかの変更が加えられた可能性もありそうだ。

いずれにせよ、Macの 「TweetDeck」 ユーザーは同アプリケーションの代替先を探す必要がありそうだ。

(via 9to5Mac)

関連記事
イーロン・マスク氏、Twitterの買収を一時保留。スパムアカウントの割合に関する情報待ち
Twitter、一般ユーザーの有料化はなし。商用・政府アカウントに対する課金導入を検討

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。