Twelve Southが 「AirFly Pro」 を発表 有線環境でもAirPods Proが使えるオーディオトランスミッター

現地時間11月12日、Twelve Southは新製品 「AirFly Pro」 を発表した。

同製品は飛行機のエンターテインメントシステムなど有線しか利用できない環境でも、AirPods ProなどのBluetoothデバイスを接続できるようになるオーディオトランスミッター。

同社は2018年5月に先代モデルとなる 「AirFly」 を発売していたが、今回の 「AirFly Pro」 はその上位モデルということになる。米国での価格は54.99ドルでTwelve Southの公式ストア米Apple公式サイト、米Amazonなどでも購入可能。

日本でもApple公式サイトで購入可能。価格は6,180円(税別)で、こちらのリンクから購入することが可能だ。

最大2台の端末に接続可能、スマホなどの機器から音楽再生ができるように

「AirFly Pro」 は先代の 「AirFly」 と同じく、AirPods ProなどのBluetoothデバイスに対して音声を飛ばすことのできるオーディオトランスミッター。3.5mmイヤホンジャックが搭載されているため、機内のエンターテインメントシステムなど有線イヤホンしか接続できない場面でもワイヤレスイヤホンが利用できる。

バッテリー持ちは初代AirFlyの倍となる最大16時間。東京-ニューヨークや東京-マドリードなど長距離のフライトでもフル活用することが可能だ。

ちなみに 「AirFly Pro」 は最大2台のBluetoothデバイスと接続ができるため、1本の映画をふたりで視聴することも可能だ。

また、AirFly ProにはスマートフォンなどのBluetoothデバイスからAirFly Proに音声を飛ばすことができる機能が搭載されるようになった。これによってAUX IN機能が搭載されているオーディオシステムで、スマートフォンに入っている音楽を再生できるように。

AirFly Proの新機能をまとめると以下のとおりだ。

  • バッテリー持ちが最大8時間→最大16時間に
  • 最大2台のデバイスと接続可能
  • Bluetoothデバイスから音楽を再生できるように

ちなみにAirFlyシリーズがApple公式サイトで販売されるのは本製品が初めてで、AirPodsを接続できるBluetoothトランスミッターがApple公式サイトで販売されるのも初めてとなる。

価格は6,180円(税別)で、こちらのリンクから購入することが可能だ。

関連記事
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリング機能
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。