Twitter公式アプリ、完全なるダークモードを実装 有機ELディスプレイ搭載スマホでバッテリー消費を抑えることが可能に

3月29日、Twitterは同社のスマートフォン向け公式アプリに、新しいダークモードを追加したことを発表した。

この新ダークモードは今までのダークモードよりもさらに黒に近い色を背景にしたもので、有機ELディスプレイ搭載したスマートフォンで使用すると、バッテリー消費を抑えることが可能になるとみられる。

設定は、Twitterアプリの 「設定とプライバシー」 から 「画面表示とサウンド」 に行き、「ダークモード」をオンに。そしてダークモードをオンにした時に表示される新オプション 「Lights out」 にチェックを入れることで新しいダークモードを利用することが可能だ。

Twitterによると、同機能は本日リリース予定となっているとのこと。現時点(2019.03.29 午前2時30分)では利用できないが、まもなく利用できるようになるだろう。

ちなみに、最近は有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンが多くなってきている。例えば、現行最新のiPhoneは 「iPhone XR」 以外が有機ELディスプレイを搭載している。また、SamsungのGalaxyシリーズは早くから導入しており、昨年発売したソニーモバイルの 「Xperia XZ3」 も有機ELディスプレイを採用している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。