TwitterのUIが一部変更。フォントが細くなり、フォローボタンが白黒に

8月12日、Twitterはブラウザ版およびスマートフォン向けアプリのUIを一部変更した。日本のTwitterユーザーにも、さっそく今回の変更が適用されている。

TwitterのUIが一部変更。より見やすくするための工夫として導入

Twitterが今回導入した新たなUIは、英語など西洋言語圏のユーザー向けに新しいフォント 「Chirp」 が使用されているほか、文字間の間隔を広くし、青領域を少なくするなどの各種インターフェースの色調整、さらに白黒を基調としたボタンの導入が特長だ。

また、日本語環境においてはフォントを細くするなどの変更が行われている。日本の一部ユーザーからは早くも報告が上がっており、トレンド化している。

これらの変更は、Twitterにアップされるコンテンツを見やすくするための改良だ。新フォントの導入や文字間の調整は、テキストを読みやすくするためのもので、青い領域を減らし、白黒を基調とするインターフェースは共有された写真やビデオに注目を集めるための工夫だという。

Twitterによると各ユーザー毎のカラーカスタマイズのため、今後新たな ”カラーパレット” も導入されるとのこと。具体的にどのような色が使用されるのかは不明だが、より見やすくなるのであれば歓迎だ。

また、アクセシビリティの観点から灰色の背景や仕切り線が少なくし、すべてのユーザーのTwitterエクスペリエンスが向上するよう工夫されたとのことだ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。