Twitterのフリート機能が8月3日に終了へ。提供開始から約9ヶ月で

現地時間7月14日、Twitterはフリート(Fleets)機能の提供を8月3日(現地時間)に終了すると発表した。

Twitter、約9ヶ月でフリート機能を提供終了

フリートは、ツイートが24時間経過すると自動的に削除されるTwitterの投稿サービス。Instagramのストーリー機能のように、画面上部にフリートによる投稿が並ぶようになっていた。

フリート機能が日本国内で提供開始されたのは2020年11月。24時間しか投稿が表示されないため、その時の気持ちから発される意見や感想、感情などタイムラインに残しておきたくない投稿に有効として、テスト段階では好評だった。

そしてサービス開始当初こそは比較的多くのユーザーが利用していたが、最近では一部のユーザーのみ (主にTwitter常習者) がフリートを投稿しており、利用率が低迷していた。Twitterが今回、フリートの提供をやめると判断した理由もそこにあったようだ。

今後Twitterはフリートで得た経験をもとに、ユーザーたちの会話を促進できる他の方法の創出に焦点を当てるとのこと。なお、画面上部(タイムライン上部)にはSpacesによる会話が表示されるようだ。

また、Twitterは今後テキストフォーマット、写真撮影用のフルスクリーンカメラやGIFステッカーなどフリート機能に組み込んだツイートコンポーザー、さらにはカメラ機能のアップデートをテストするとしている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。