Twitter、2015年度中にTwitter for Macのアップデートを発表!El Capitanが対応

Twitter Twitterは開発者向けカンファレンスで「Twitter for Mac」アプリのEl Capitan対応版へのアップデートを今年度中に完了させることを発表した。

機能の強化やデザインが一新!

今後のアップデートでは、機能として未実装だった「Vineの再生」や「動画のプレイバック機能」「グループDM」「DM内写真」「インライン・リプライ」などに対応する予定。 またデザインEl Capitanのデザインに合わせるため、アプリデザインの刷新を行うとのこと。 デザインについてはRUS氏(@rus)が公開している。RUS氏によると、デザインにこんな感じになるとのこと。

また、Twitterは第4世代Apple TV向けにもアプリを提供する予定であることを明かし、開発者向けにUnity SDKなどの公開も発表しているので楽しみだ。 現在、「Twitter for Mac」アプリは使える機能に制限があり、地味に使いづらかった。おそらくサードパーティ製のアプリを使っていた人が多いだろうと思う。 どこまで使い勝手が良くなるかは触ってみないとわからないが、サードパーティ製のTwitterクライアントの購入を検討している人はアップデートを待ってみるのもいいかもしれない。 [ via Tech Crunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。