Appleが期間限定ハッシュフラッグをTwitterで展開中、まもなく新型iPadを発表へ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(画像:@HashflagArchive)

Appleはまもなく新製品を発表する。現在、Apple公式サイトはメンテナンス中となっており、新製品の発表に向けた準備が行われている。

Appleは、新製品の発表にあわせて不定期に独自のハッシュフラッグをTwitterで展開しているが、今回は実質的なサイレント発表にも関わらず、新たなハッシュフラッグを展開している。

ハッシュフラッグは、Twitterの特定のハッシュタグを加えてツイートすると、固有の絵文字が表示されるというもの。

今回は、AppleのCEOティム・クックが発したツイートに含まれる 「#TakeNote」 というハッシュタグに反応するようになっているようだ。ハッシュフラッグはApple公式サイトのメンテナンス画面に表示されるAppleロゴと同じものになっており、Apple公式サイトでなんらかの新製品が発表されることを示唆している。

具体的に何の製品が発表されるかは明らかになっていないが、ティム・クックCEOが発したハッシュタグ 「#TakeNote」 とこれまでの噂から、新製品はiPadになるものと予想される。

具体的には新型iPad ProとiPad(第10世代)の2製品の登場が予想されている。

11インチiPad Pro (第3世代)

iPad Proは、現行モデルと同様に11インチ/12インチモデルの2種類が用意されている。それぞれのコードネームは 「J617」 「J620」 。

最大の変更点は内蔵チップがM1からM2に変更されること。M2チップは、今年6月に発表されたAppleの次世代チップ。MacBook Air (2022) などに搭載されており、M1チップからおよそ20%程度、処理性能が向上している。

筐体デザインは現行のフラットエッジ式のものを採用する予定で、大きな変更はない。ただし、iPhoneやMacにも導入されているMagSafe充電がなんらかの形で実装される可能性があるとも報じられている。

iPad 第9世代 (画像:Apple)

iPad(第10世代)は、他のiPadシリーズのように本体がフラットエッジデザイン化すると噂されている。フラットエッジ化により、端末側面にApple Pencil(第2世代)をペアリング・充電するための磁気コネクタが搭載される可能性がある。

また、本体の充電コネクタもLightningからUSB-Cに変更されることになりそうだ。

関連記事
次期iPad Pro、筐体デザインは変わらずも4ピンの新コネクタを搭載か
M2 iPad Proが数日中に発表へ。M2 Pro/M2 Max搭載の新型MacBook Proは11月以降に発表か

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

Twitterの商標およびそのロゴ、Twitterのロゴは、Twitter, Inc.の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。