Twitter、「ブックマーク」機能をついに正式実装 使い方を解説

本日、Twitterは以前からテストしていた「ブックマーク」機能を、一般ユーザー向けに正式に解放した。iOS / Android、Twitter Liteとmobile.twitter.comで順次利用可能となる。

今回正式に実装されたブックマーク機能は、他ユーザーのツイートを自分のアカウントに保存しておくことができる機能。

これまでのTwitterには、ブックマークにあたる機能が存在しなかったことから、ユーザーは「いいね」機能を代用していた。しかし、現在のTwitterの仕様では「いいね」をすると、フォロワーにどのツイートを「いいね」したのかが明らかになってしまい、気軽に「いいね」をすることができないと不満があった。

これを改善するのが、今回の「ブックマーク」機能。このブックマーク機能は、誰がどのツイートをブックマークしたのかは分からない仕組みになっているため、誰でも安心して利用することができるはずだ。ぜひ活用してみていただきたい。

ブックマークする方法と、あとから見返す方法

ブックマーク機能を使う方法はとても簡単。

Twitterアプリを起動し、ブックマークしたいユーザーのツイートの右下に表示されている、共有アイコンをタップ。するとメニューの中に「ブックマークに追加」という項目があるので、それを選ぶとブックマークが完了する。

ブックマークしたツイートを後から見返すには、アプリのトップ画面左上にある自身のプロフィールアイコンをタップすると、「ブックマークに追加」という項目があるので、そちらをタップ。これで過去にブックマークしたツイートが表示される仕組みだ。

ちなみに、共有アイコンをタップすることで、DM(ダイレクトメッセージ)を使って誰かに共有することも可能になっている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。