Twitter、ベータテスト 「Twitter Prototype Program」 実施を明らかに 一般ユーザーからテスターを募集中

2月21日、Twitterは今後実装予定の新機能をテストするためのベータテストプログラム 「Twitter Prototype Program」 を開始することを発表した。早速、同ベータテストへの参加希望者を募集している。

Twitterが新機能をテストするベータプログラムを開始へ

このテストプログラムは、Twitterの気になる話題について、ユーザーが分かりやすく気軽に会話を作るための新機能をテスターが実際に体験し、そのフィードバックを得るために実施するようだ。

参加者は既存のTwitter公式アプリではなく、別の 「twttr」 という専用アプリを使って新機能を試すことになるという。

ベータテストに参加するには、各ユーザーが応募する必要がある。こちらのページから応募が可能で、ユーザー名や普段利用している端末やユーザーの第一言語、現在住んでいる国や地域を答えることで応募が完了する。応募が完了次第、数週間以内にアプリのステータス更新を知らせるメールが届くとのこと。もし、Twitterの新機能を試してみたいなら、同ベータプログラムに参加してみてはどうだろうか。

ちなみに、現時点ではiOSデバイスでのみベータプログラムが実施されており、Androidデバイスに関しては参加できないとのことだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。